[詳細] 桂内閣@成立
1901/06/02
伊藤山県両元老が対立する中、陸軍長州閥のプリンスが首相の座についた。
[事項]【内閣成立史】  
内閣総理大臣桂太郎    
外務大臣(曾禰荒助)小村寿太郎   
 〜1901.09.21    
内務大臣内海忠勝児玉源太郎(桂太郎)芳川顕正(清浦奎吾)
 〜1903.07.15〜1903.10.12〜1904.02.20〜1905.09.16 
大蔵大臣曾禰荒助    
陸軍大臣(児玉源太郎)寺内正毅   
 〜1902.03.27    
海軍大臣山本権兵衛    
司法大臣清浦奎吾波多野敬直   
 〜1903.09.22    
文部大臣菊池大麓(児玉源太郎)久保田譲(桂太郎) 
 〜1903.07.17〜1903.09.22〜1904.02.20〜1905.12.14 
農商務大臣平田東助(清浦奎吾)清浦奎吾  
 〜1903.07.17〜1903.09.22   
逓信大臣芳川顕正(曾禰荒助)大浦兼武  
 〜1903.07.17〜1903.09.22   
内閣書記官長柴田家門    
法制局長官奥田義人一木喜徳郎   
 〜1902.09.26    
1901/05/03   伊藤内閣C総辞職
1901/05/05   4元老、後継首相について協議 (山県松方井上西郷
1901/05/15   4元老、後継首相に井上馨を推薦
1901/05/16   井上馨に組閣命令 (05/23 辞退)
1901/05/23   元老会議、後継首相に桂太郎を推薦
1901/05/26   桂太郎に組閣命令
1901/06/02   桂内閣@成立 (首相:桂太郎
1902/01/30   日英同盟@調印
1903/06/24   桂首相、伊藤・山県両元老に辞意表明 (07/02 却下)
1904/02/10   対露宣戦布告 (日露戦争勃発)
1904/02/23   日韓議定書調印
1904/08/22   日韓協約@調印
1905/07/29   桂・タフト協定
1905/08/14   桂・原会談
1905/09/05   ポーツマス条約調印 (首席全権:小村寿太郎日露戦争終結)
1905/09/05   日比谷焼き打ち事件 (〜09/06)
1905/11/17   日韓協約A調印
1905/12/21   桂内閣@総辞職
1906/01/07   西園寺内閣@成立 (首相:西園寺公望
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。
「桂内閣@」は「第1次桂内閣」「第一次桂太郎内閣」と同じ意味です。