ロシア、旅順に極東総督府を設置
1903/08/12
ニコライ2世の「満州はオレのもの」方針に揺るぎなし。 極東経営を積極派に一任。
    
1903/04/08   ロシア、満州撤兵A不履行
1903/04/18   ロシア、満州撤兵のための7項目を清国に要求 (04/27 清国拒否)
1903/04/21   無隣庵会議 (山県伊藤小村/京都)
1903/06/12   ロシア、クロパトキン陸相来日
1903/06/13   ロシア、鴨緑江木材会社を設立
1903/08/12   栗野駐露公使、ロシア外相に日露協定案を提出
1903/08/12   ロシア、旅順に極東総督府を設置
1903/08/29   ロシアの蔵相ウィッテ失脚 (主戦派の政治的勝利)
1903/10/03   ローゼン駐日公使、小村外相に日露協定対案を提出
1903/10/06   日露交渉(小村・ローゼン交渉)開始
1904/02/10   対露宣戦布告 (日露戦争勃発)
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用世論はしだいに対露主戦論に熱狂し始めていた。 とくに極東総督府設置はロシアの日本に対する強硬な態度を示すものとうけとられ、 新聞はロシアとの戦争はもはや避けえないとするムードをあおり、政府の態度は、無為、軟弱であると激しい言葉で非難した。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。