仁川沖海戦
1904/02/09
連合艦隊の別働隊、陸軍先遣隊の上陸を済ますと、敵艦の料理にとりかかった。
    
1903/10/06   日露交渉(小村・ローゼン交渉)開始
1903/12/28   連合艦隊編成 (司令長官:東郷平八郎
1903/12/30   参謀本部・軍令部首脳会議、陸海軍共同作戦計画を決定
1904/02/04   御前会議、対露開戦を決定
1904/02/06   連合艦隊、佐世保出航
1904/02/08   陸軍先遣隊、仁川上陸開始
1904/02/08   連合艦隊の駆逐艦隊、旅順口のロシア艦隊を夜襲攻撃
1904/02/08   仁川沖海戦
1904/02/10   対露宣戦布告 (日露戦争勃発)
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用開戦当時、仁川にはロシア軍艦「ワリャーグ」と「コレーツ」が碇泊していたが、 日本側は軍艦千代田をロシア軍艦とともに仁川に停めておき、日本の開戦の意思をあらわさないように工夫した。 二月八日午後仁川に入った日本艦隊は、ロシア軍艦の前で徹夜で陸軍部隊の上陸を行ない、 翌九日上陸が完了するとロシア軍艦の退去を要求、港外に出たところを攻撃して「ワリャーグ」を撃沈、 逃げ場を失った「コレーツ」は自爆した。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。