桂・タフト協定
1905/07/29
韓国は日本のもの、フィリピンはアメリカのもの、日米首脳が相手国の権利を認め合った。
    
1904/02/10   対露宣戦布告 (日露戦争勃発)
1904/02/23   日韓議定書調印
1904/08/22   日韓協約@調印
1905/03/10   日本軍、奉天占領
1905/05/27   日本海海戦 (〜05/28/連合艦隊司令長官:東郷平八郎
1905/07/21   山県参謀総長、満州軍を視察
1905/07/29   桂・タフト協定
1905/08/12   日英同盟A調印
1905/09/05   ポーツマス条約調印 (首席全権:小村寿太郎日露戦争終結)
1905/11/17   日韓協約A調印
1917/11/02   石井・ランシング協定
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク 世界の関心が、講和会議の開催を間近にひかえたアメリカ・ポーツマスに集まっているとき、 遠く離れた東京では、日本の首相兼外相とアメリカの陸軍長官がこっそり秘密協定を結んでいた。 それは、アメリカが自分のものでもない朝鮮半島を日本に売り渡した瞬間であった。 韓国(今の北朝鮮も含む)の人たちこそいい面の皮で、 それどころかこれは苦難と屈辱の歴史の新たな始まりであり、 たとえて言えば、アメリカが中国に、taroはもう中国のものだから、煮るなり焼くなり中国の好きにしていいよ、と言うようなものであり、 その結果、本当に中国がtaroを捕まえに来て、殴ったり蹴ったり鼻血をしぼりとったりするのだから、 こんな許しがたいことはそうそうはあるまい。 今の日朝関係とか米朝関係を見ていると、政治は歴史が嫌いで、だからいつも忘れたふりをするのだなと思えてくる。 政治に歴史を思い出させることも健全な市民の責務の一つかもしれない。
引用奉天大会戦、日本海海戦と相つぐ勝利は、日本に対するローズベルト大統領の警戒心をつのらせた。 勢いをかった日本軍が南方進出を企てるのではないかと恐れた大統領は、 七月に陸軍長官タフトを「フィリピン視察」の名目で日本に派遣し、桂首相との間にひそかに「桂=タフト協定」を結ばせた。 一口にいってその目的は、アメリカが韓国における日本の権益を保障するのと引換えに、 日本はフィリピンに関して絶対の保障を与えるというものであった。 こうしてアメリカのアジアにおける植民地は、日本にとって人質の役割を果すことになる。 そのうちにアメリカは「桂=タフト協定」でも安心できなくなり、三年後の一九〇八年、 ルート国務長官と高平全権大使との名で「高平=ルート協定」を結び、 再び日本にフィリピンとハワイの権益保存を保障させようとする。 このとき日本が反対給付としてかち得たのは、日露戦争で手に入れた満州の権益を保全するという約束であった。
引用七月下旬、アメリカ陸軍長官タフトが、フィリピン視察の途中、来日するや、日本政府はアメリカの親日感を強めようと大歓迎をもって迎えたが、 同時に桂首相兼外相は、七月二十七日タフトと会談し、両者はつぎのような諒解に達した。 (一)フィリピンをアメリカのような親日的な国に統治してもらうことは日本にとっても利益であり、 日本はフィリピンに対していかなる侵略的意図をももたない、(二)極東の全般的平和の維持にとっては、 日本、アメリカ、イギリス三国政府の相互諒解を達成することが、最善であり、事実上唯一の手段である、 (三)アメリカは、日本が韓国に保護権を確立することが、日露戦争の論理的帰結であり、 極東の平和に直接に貢献するとみとめる、というのである。 つまりここでは、フィリピンと韓国に対する両国の植民地支配の承認がとり交わされているのであり、この時期の日本政府が、 この桂・タフト協定と第二回日英同盟による植民地支配の相互承認を軸として、 戦後の国際的地位を確保する構想であったことが示されている。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。