赤旗事件
1908/06/22
赤い旗を掲げた社会主義者たちのどんちゃん騒ぎ、警官と衝突して荒畑寒村ら逮捕される。
    
1908/06/22   赤旗事件
1908/06/25   原内相、社会主義者取締の現状を上奏
1908/06/27   西園寺首相、原・松田に辞意を表明
1908/07/04   西園寺内閣@総辞職
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用社会主義者たちが東京・神田の錦輝館で同志山口孤剣の出獄歓迎会を開いたのがきっかけに起きた事件。 孤剣は前年、封建的家族制度からの解放を主張して平民新聞に「父母を蹴れ」を掲載、入獄していた。
閉会まぎわ、荒畑寒村らが赤地に白字で「無政府共産」と縫い込んだ旗を振り回し革命歌を歌った。 散会後、外には警官多数が待機、旗を奪い合う路上の大混乱になった。
この旗は荒畑、大杉栄が集まったメンバーの穏健派に示威行為しようと用意したもの。 この事件では騒ぎを止めにはいった堺利彦や、面会のため警察署に赴いた管野スガらを含め男女10数人が逮捕され残酷な拷問を受けた。
引用事件が起きたのは、神田錦輝館における社会主義者山口義三(孤剣)出獄歓迎会の直後である。 荒畑寒村、大杉栄らが「無政府共産」の白文字を染め抜いた赤旗を翻し、「無政府主義万歳!」と叫んだので、 官憲との間に争いが生じた。 荒畑、大杉のほか“なだめ役”に回った堺利彦、山川均ら十五名が検挙された。 この行動は右派社会主義者(議会行動派)へのデモにすぎなかったが、 警察はこれを大事件に仕立てあげ、荒畑らを留置場で拷問し、面会しに行った管野スガ秋水の妻)までが暴行され留置場にほうりこまれた。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。