幸徳秋水ら24名に死刑判決
1911/01/18
世界は見た! 日本政府の弾圧支配。 歴史は大逆事件を忘れない。
    
1910/05/25   大逆事件、検挙開始 (宮下太吉逮捕)
1910/06/01   幸徳秋水逮捕 (湯河原/大逆事件)
1910/08/22   韓国併合 (日韓条約調印)
1910/11/01   文部省、「倫理」を「修身」と改称 (高等学校大学予科)
1910/12/06   パリで大逆事件抗議デモ (フランスの社会主義者たち)
1910/12/10   大逆事件公判@ (傍聴禁止)
1911/01/18   幸徳秋水ら24名に死刑判決 (大逆事件)
1911/01/26   桂・西園寺会談 (01/29 情意投合を発表/政府と政友会の提携成立)
1911/02/04   南北朝正閨問題 (02/27 該当教科書の使用禁止)
1911/02/11   済生に関する勅語
1911/02/21   夏目漱石、博士号を辞退
1911/08/25   桂内閣A総辞職
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用幸徳秋水ら二六名の予審が終結し、予審意見書が大審院に提出されたのは一九一〇年一一月一日であり、 一二月一〇日から大審院での公判が開始され、一二月二五日に検事求刑、全員死刑、一二月二七日から弁護側の弁論がはじめられ二九日最終弁論、 翌一九一一年一月一八日には判決言渡で、二名の有期懲役(新田融、新村善兵衛)以外は全員死刑が宣言された。 その翌日に「天皇のおぼしめしによって」ということで坂本清馬以下一二名が死一等を減ぜられて無期懲役となったが、 幸徳、森近、宮下、新村、古河、奥宮、大石、成石平四郎、松尾、新美、内山は判決言渡の一週間後の一月二四日に、 管野スガはその翌日二五日に死刑を執行された。
引用山宣は英字新聞や日本から送られてくる『万朝報』『朝日新聞』などの新聞に毎日ふれる位置にいたし、 また所属している第一ユニテリアン教会にはたくさんのキリスト教社会主義者がおったから、  【中略】 イギリス、アメリカでの抗議行動を他の日本人よりも詳しく知っていたであろう。 かねてから日本の官憲が社会主義の文献を発禁にし、言論を圧迫していることに憤慨していた山宣にとって、 天皇暗殺の計画が行なわれたという名目で、 事件に直接関係のない者までが社会主義者であるというだけで死刑や無期懲役に処せられるということは耐えられぬほどの苦痛であったであろう。 そして将来日本に帰った時の自分のことを考えてみると、冷汗の流れるようなゾットする気持を何度となく感じたことであろう。 山宣の心には、幸徳事件につづく一連の日本での思想圧迫の事実が暗雲のように重くのしかかっていた。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。