明治天皇崩御
1912/07/29
国民の祈りもむなしく カリスマ天皇が世を去り、一つの時代が終わった。
    
1912/07/20   宮内省、天皇重態を発表
1912/07/29   明治天皇崩御
1912/07/30   宮内省、明治天皇崩御を発表 (大正天皇即位)
1912/07/30   主要新聞各紙、全ページを黒枠で囲む (〜09/17)
1912/09/13   明治天皇大喪
1912/09/13   乃木希典殉死
1912/12/19   憲政擁護連合大会@ (護憲運動@開始)
1914/07/28   オーストリア、セルビアに宣戦布告 (第一次世界大戦勃発)
1915/11/10   大正天皇即位式
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用七月三十日午前零時四十三分、四十五年の治世を終って睦仁天皇は六十一歳で世を去った。 病名は尿毒症であった。
古きよき明治は去った。
但し、原敬日記によると天皇の崩御は二十九日午後十時四十分で、宮中において崩御は三十日午前零時四十三分と発表することに決した、 となっているから、実際の逝去は二十九日であったが新聞等の公表は三十日となっている。 また死因も当時は心臓麻痺であったが、現在では尿毒症が正しいとなっている。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。