山本内閣@成立
1913/02/20
護憲運動@の嵐の中で、海軍の超大物山本権兵衛が仕事師内閣を組織した。
[詳細]【内閣成立史】  
1912/12/02   上原陸相、帷幄上奏で単独辞任
1912/12/05   西園寺内閣A総辞職
1912/12/19   憲政擁護連合大会@ (護憲運動@開始)
1912/12/21   桂内閣B成立 (首相:桂太郎
1913/01/20   桂首相、新党結成計画発表
1913/02/09   西園寺(政友会総裁)に「内閣不信任案撤回」の詔勅
1913/02/10   護憲派の民衆、議会を包囲 (桂首相、総辞職を決意)
1913/02/11   桂内閣B総辞職 (大正政変)
1913/02/11   元老会議、後継首相に山本権兵衛を推薦
1913/02/12   山本権兵衛に組閣命令
1913/02/19   政友会議員総会、山本内閣@支持を決定
1913/02/20   山本内閣@成立 (首相:山本権兵衛
1913/02/24   政友倶楽部結成 (尾崎行雄ら24名)
1913/06/13   軍部大臣現役武官制廃止
1913/06/13   政府、行政整理案発表 (官吏6428人を整理)
1913/08/01   文官任用令改正
1914/01/23   シーメンス事件発覚 (島田三郎、国会で海軍高官の収賄を追及)
1914/03/23   予算案不成立 (貴族院、両院協議会案を否決)
1914/03/24   山本内閣@総辞職
1914/04/16   大隈内閣A成立 (首相:大隈重信
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。
「山本内閣@」は「第1次山本内閣」「第一次山本権兵衛内閣」と同じ意味です。