孫文、中華革命党結成
1914/07/08
捲土重来を誓って孫文個人独裁の新しい革命組織を、東京で結成。
    
1905/08/20   孫文ら、中国同盟会結成 (東京)
1911/10/10   辛亥革命勃発 (武昌蜂起)
1911/11/01   清国政府、袁世凱を総理大臣に任命
1912/01/01   南京臨時政府成立 (臨時大総統:孫文
1912/02/12   宣統帝(溥儀)退位 (清朝滅亡)
1912/03/10   袁世凱、臨時大総統就任
1912/03/11   孫文、中華民国臨時約法を公布
1912/04/01   孫文、臨時大総統辞任
1913/07/12   中国・江西省で、第2革命勃発 (〜09/01)
1913/08/05   孫文、台湾へ亡命 (広東の独立失敗)
1913/09/01   袁軍、南京占領 (第2革命失敗)
1913/10/10   袁世凱、中華民国大総統就任
1914/01/10   袁世凱、国会議員の職務を停止
1914/07/08   孫文、中華革命党結成 (東京)
1915/12/11   中国参政院、袁世凱を皇帝に推戴
1915/12/25   雲南都督ら、昆明で帝政反対・雲南独立を宣言 (第3革命勃発)
1916/01/01   袁世凱、皇帝即位 (帝政移行)
1916/03/22   袁世凱、帝政取消
1919/10/10   中国国民党結成 (中華革命党を改組/孫文ら)
1925/03/12   孫文病死 (北京)
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用一九一四年六月二二日、彼の努力の結果、中華革命党が東京で結成大会を開き、 孫文を党首〔総理〕に選んだ。 しかし、発足してすぐに亀裂が生じた。 それは袁世凱を武力で倒そうという強力な新しい計画や、生死にかかわらず革命の理想に対して断固たる忠誠を表明するという、 より強硬な綱領をめぐるものではなかった。 分裂は、全党員が自身に対して絶対の忠誠を誓うようにという彼の主張に起因するものであった。 は、このことを、新しい勢力が一致団結した行動をとり、 これまでのように逆境にあっても勝利のときにもばらばらにならない保証をする唯一の方法と考えていた。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。