対独参戦 (宣戦布告)
1914/08/23
火のないところに火だねをさがして、日英同盟のよしみで日本、第一次世界大戦参戦。
    
1902/01/30   日英同盟@調印
1904/02/10   対露宣戦布告 (日露戦争勃発)
1914/06/28   サラエボ事件 (オーストリア皇太子夫妻暗殺)
1914/07/28   オーストリア、セルビアに宣戦布告 (第一次世界大戦勃発)
1914/08/03   ドイツ、ベルギーへの侵入開始 (対仏宣戦布告)
1914/08/04   イギリス、ドイツに宣戦布告
1914/08/08   元老大臣会議、対独参戦を決定
1914/08/23   対独参戦 (宣戦布告)
1914/09/02   青島出兵 (日本軍、山東半島上陸開始)
1914/10/14   日本海軍、ドイツ領南洋諸島占領
1914/11/07   日本軍、青島占領
1914/11/08   青島陥落祝賀提灯行列
1915/01/18   対華21ヵ条要求 (外相:加藤高明
1918/11/11   第一次世界大戦終結
1919/06/28   ベルサイユ条約調印 (北京政府、調印拒否)
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用イギリス通の外相加藤は、日英同盟を重んじ、東洋におけるドイツ艦船の撃破を求めるイギリスの要求に応じて対独参戦を主張し、 八月八日午前二時、イギリスに遅れること僅かに四日にして対独戦を決定し、同二十三日、宣戦を布告した。
山県らの元老はこれを喜ばなかった。 加藤はイギリスの勝利を信じていたが、元老たちは日英同盟は実利薄しとして露仏と同盟関係を結ぶことを考えていた。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。