東京中央停車場開業式
1914/12/18
アムステルダム駅がモデル。 東洋一のセンターステーションに後藤総裁もご満悦。
    
1906/03/31   鉄道国有法公布
1914/12/18   東京中央停車場開業式 (東京駅と命名)
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用一二月一八日、東京駅が完成し、落成式が挙行された。 東京駅は、鉄道院総裁・後藤新平が、「大国ロシヤを負かした日本にふさわしい、世界が驚くような立派な駅を造ろう」 と渾身を傾けて完成させたもの。 オランダのアムステルダム駅をモデルに辰野金吾が設計した総煉瓦張りの壮観な建物は、完成までにのべ六七万人の労働力と 二七〇万円の賃金を要し、完成まで六年六か月の歳月が費やされ、名実ともに東洋一の威容を誇った。 しかし、あまりに完成を急いだため、試運転も満足に行っておらず、そのため、 開業初運転の電車は品川と鶴見間でエンコしてしまうというていたらくだった。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。