ラス・ビハリ・ボースに国外退去命令 (中村屋事件)
1915/11/28
インドの民族主義者に日本政府が国外退去命令。 ところが。
    
1906/12/28   インド国民会議派カルカッタ大会
1913/08/05   孫文、台湾へ亡命 (広東の独立失敗)
1914/07/28   オーストリア、セルビアに宣戦布告 (第一次世界大戦勃発)
1915/11/28   ラス・ビハリ・ボースに国外退去命令 (中村屋事件)
1919/04/06   非暴力運動@開始 (ガンジーら)
1919/04/13   アムリツァール虐殺事件
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用インド総督に爆弾を投げ負傷させたベンガル民族運動の指導者ラス・ビハリ・ボースはこの年来日して孫文と知己を得た。 孫文も大総統の地位を譲った袁世凱が独裁化し、2年前の第2革命も失敗に終わって日本に亡命していた。
11月、ボースは英政府に配慮する政府から国外退去を命ぜられた。 ところが孫文と親しい頭山満ら有志の助けで新宿のパン屋中村屋の相馬愛蔵・黒光(女流文学者)夫妻のもとにかくまわれた。
長女俊子と結婚、のち太平洋戦争が始まるとインド独立連盟総裁として、日本に協力したインド国民軍結成に当たる。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。