ソンムの戦い
1916/07/01
連合軍、対独総反撃開始。 イギリス軍の秘密兵器投入も、やっぱり大消耗戦となった。
    
1914/07/28   オーストリア、セルビアに宣戦布告 (第一次世界大戦勃発)
1914/08/03   ドイツ、ベルギーへの侵入開始 (対仏宣戦布告)
1914/08/04   イギリス、ドイツに宣戦布告
1914/08/26   タンネンベルクの戦い (〜08/30)
1914/09/05   マルヌの戦い (〜09/12/西部戦線膠着)
1915/04/22   ドイツ軍、毒ガスを使用 (イプルの戦い/〜05/25)
1915/05/23   イタリア、対オーストリア宣戦布告
1916/02/21   ヴェルダン要塞攻防戦 (〜07/11)
1916/07/01   ソンムの戦い (〜11/18)
1916/09/15   イギリス軍、戦車を使用 (ソンムの戦い)
1917/03/15   二月革命 (皇帝ニコライ2世退位、ロマノフ朝滅亡)
1917/04/06   アメリカ、対独参戦
1917/11/07   十月革命 (ソビエト政権成立)
1918/03/03   ブレスト・リトフスク条約調印 (ソビエト政府、独墺と講和)
1918/03/21   ドイツ軍、西部戦線で大反攻開始 (ミヒャエル作戦)
1918/11/11   第一次世界大戦終結
1919/06/28   ベルサイユ条約調印 (北京政府、調印拒否)
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用ヴェルダン戦が続いていた七月一日、二〇〇キロほど離れた平坦な北フランスのソンム河域で、 イギリス軍を主体とした連合軍の攻勢が開始された。 六月末から五日間続けられた大準備砲撃ののち、イギリス兵は朝七時半、朝霧のはれた快晴のなかを塹壕から飛び出して、 無人地帯を前進した。 イギリス軍総司令官ヘイグは、歩兵は砲撃で破壊された敵陣地を歩いて占領するだけだと楽観していた。
だが、ドイツ軍は攻撃を予想し、深い塹壕に砲撃を避けて待ちかまえていた。 イギリス兵は肩をならべ、横一列でゆっくりと前進した。 もっとも、砲弾で穴だらけになった戦場で、三〇キロちかい背嚢を背負うイギリス兵に、身をかがめて前進しろとか、 走れといっても無理だったろう。 最前線のドイツ兵は、この光景をあきれながらみていた。 結果はいうまでもなかった。 イギリス軍はこの日一日で死傷者六万人を出し、参加した兵士の半数、将校の四分の三を失った。 これはイギリス軍が一日にこうむった損害の最悪の記録である。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。