[詳細] 原内閣成立
1918/09/29
国民大衆の期待を一身に背負って、“平民宰相” 原敬 登場。
[事項]【内閣成立史】  
内閣総理大臣原敬(内田康哉)   
 〜1921.11.04    
外務大臣内田康哉    
内務大臣床次竹二郎    
大蔵大臣高橋是清    
陸軍大臣田中義一山梨半造   
 〜1921.06.09    
海軍大臣加藤友三郎    
司法大臣(原敬)大木遠吉   
 〜1920.05.15    
文部大臣中橋徳五郎    
農商務大臣山本達雄    
逓信大臣野田卯太郎    
鉄道大臣元田肇    
1920.05.15設置     
内閣書記官長高橋光威    
法制局長官横田千之助    
1918/08/02   シベリア出兵宣言
1918/08/03   米騒動 (富山県中新川郡西水橋町→全国に波及)
1918/09/21   寺内内閣総辞職
1918/09/21   西園寺公望に組閣命令 (09/25 辞退)
1918/09/27   原敬(政友会総裁)に組閣命令
1918/09/29   原内閣成立 (首相:原敬
1918/11/11   第一次世界大戦終結
1919/01/18   パリ講和会議開催 (〜06/28/首席全権:西園寺公望
1919/03/01   三・一(万歳)事件 (京城パゴダ広場で朝鮮民衆が独立宣言)
1919/05/04   五・四運動 (天安門広場で学生らがデモ行進)
1919/05/23   選挙法改正 (選挙資格:直接国税10円以上→3円以上)
1919/06/28   ベルサイユ条約調印 (北京政府、調印拒否)
1920/03/15   株価暴落で株式市場大混乱 (→戦後恐慌)
1920/05/24   尼港(ニコライエフスク)事件
1920/11/11   宮中某重大事件
1921/11/04   原首相刺殺事件 (東京駅/犯人:中岡艮一)
1921/11/05   原内閣総辞職
1921/11/12   ワシントン軍縮会議開催 (主席全権:加藤友三郎/〜22/02/06)
1921/11/13   高橋内閣成立 (首相:高橋是清/全閣僚留任)
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。
「原内閣」は「原敬内閣」と同じ意味です。