三・一(万歳)事件
1919/03/01
独立宣言が読みあげられると、朝鮮独立万歳! の声は全土に広がった。
    
1910/08/22   韓国併合 (日韓条約調印)
1918/01/08   ウイルソン(米)大統領、14ヵ条宣言
1918/11/11   第一次世界大戦終結
1919/01/18   パリ講和会議開催 (〜06/28/首席全権:西園寺公望
1919/03/01   三・一(万歳)事件 (京城パゴダ広場で朝鮮民衆が独立宣言)
1919/04/06   非暴力運動@開始 (ガンジーら)
1919/05/04   五・四運動 (天安門広場で学生らがデモ行進)
1919/06/28   ベルサイユ条約調印 (北京政府、調印拒否)
1929/11/03   光州学生運動
〜 参加者50万人(推定) 〜
「独立万歳」のデモ行進(パゴダ広場) → 日本軍の弾圧 → 蜂起(全土に波及)
〜 朝鮮独立宣言の冒頭 〜
われらは、ここにわが朝鮮の独立と、朝鮮人民の自由民たることを宣言する。 これをもって世界万邦につげ、人類平等の大義を明らかにし、かつこれを子孫におしえ、 民族独立を天賦の権利として永遠に保持させるものである。われわれの背後にある五千年の歴史の権威によってこれを宣言し、 二千万民衆の忠誠を合してこれを宣明し、恒久にかわることなき民衆の自由な発展のためにこれを主張し、 人類良心の発露にもとづく、世界改造の一大機運に順応し、これとともにすすまんがために、これをなすものである。
taro's トーク ああああああ
引用西園寺がパリにいる間に山東省に関する日本側の要求に反撥して中国に五・四運動が生起していた。 そして、それより二ヶ月前に朝鮮に「万歳事件」と呼ばれる三・一運動が発生していた。 八年三月一日京城で中学校以上の官公私立学校生徒は休校してパゴダ公園に集まり、独立宣言を行い、 「独立万歳」のシュプレヒコールを繰返しながらデモ行進を行い、 これに呼応して各地で独立運動の民衆が蜂起した。 四月、上海に大韓民国臨時政府が樹立され、アメリカにいた李承晩が主席となった。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。