選挙法改正
1919/05/23
普通選挙は時期尚早。 国民の期待を裏切って原首相、ちょっとだけよの選挙法改正。
    
1900/03/29   選挙法改正 (選挙資格:直接国税15円以上→10円以上)
1918/09/29   原内閣成立 (首相:原敬
1919/05/23   選挙法改正 (選挙資格:直接国税10円以上→3円以上)
1920/02/11   普選大示威行進 (東京)
1925/05/05   普通選挙法公布 (男子普通選挙)
1945/12/17   選挙法改正 (婦人参政権など)
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用は立憲政治を表に唱えているからには、大正政変米騒動と高まるデモクラシーの波を見て、 いずれ学者、新聞、野党の線から普通選挙法の要求が出るとみていた。 早目に譲歩してこの鉾先をかわす為、彼は第四十一議会に選挙法改正案を提出し、 八年三月八日両院で可決された。 改正の要点は次の二点である。
一、選挙権拡張、有権者資格を直接国税十円以上から三円以上に引き下げる。 これによって有権者数は百四十六万人から三百六万人に増える。
二、(与党、多数党に有利といわれる)小選挙区制の採用。郡部は人口十三万人につき定員一名、 三万以上の都市はすべて独立選挙区とする。 これによって議員定数三百八十一名が四百六十四名に増加。 昭和三十八年までほぼこの数である。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。