原内閣総辞職
1921/11/04
首相を失った内閣、とにもかくにも総辞職。
    
1918/09/21   寺内内閣総辞職
1918/09/29   原内閣成立 (首相:原敬
1918/11/11   第一次世界大戦終結
1919/01/18   パリ講和会議開催 (〜06/28/首席全権:西園寺公望
1919/03/01   三・一(万歳)事件 (京城パゴダ広場で朝鮮民衆が独立宣言)
1919/05/04   五・四運動 (天安門広場で学生らがデモ行進)
1919/05/23   選挙法改正 (選挙資格:直接国税10円以上→3円以上)
1919/06/28   ベルサイユ条約調印 (北京政府、調印拒否)
1920/03/15   株価暴落で株式市場大混乱 (→戦後恐慌)
1920/05/20   総選挙[14] (政友会278、憲政会110、国民党29、他47)
1920/05/24   尼港(ニコライエフスク)事件
1920/11/11   宮中某重大事件
1921/11/04   原首相刺殺事件 (東京駅/犯人:中岡艮一)
1921/11/05   原内閣総辞職
1921/11/12   西園寺公望、元老の意向として後継首相に高橋是清を推薦
1921/11/12   ワシントン軍縮会議開催 (主席全権:加藤友三郎/〜22/02/06)
1921/11/13   高橋是清に組閣命令
1921/11/13   高橋内閣成立 (首相:高橋是清/全閣僚留任)
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。
「原内閣」は「原敬内閣」と同じ意味です。