日本共産党結成
1922/07/15
資本主義の矛盾を見過ごすな! 希望に燃えて、日本でも共産党 極秘結成。
    
1906/01/28   日本社会党結成 (堺利彦ら)
1911/01/18   幸徳秋水ら24名に死刑判決 (大逆事件)
1917/11/07   十月革命 (ソビエト政権成立)
1921/07/01   中国共産党創立大会 (上海)
1922/03/03   水平社結成 (全国水平社創立大会/京都)
1922/04/09   日本農民組合創立 (組合長:杉山元治郎)
1922/07/15   日本共産党結成 (委員長:堺利彦/秘密結社)
1922/12/30   ソ連邦成立
1923/03/30   工場法改正 (適用:15歳未満→16歳未満/雇用者の責任を加重)
1923/06/05   共産党事件 (堺利彦ら検挙)
1923/09/01   関東大震災
1923/09/04   亀戸事件
1923/09/16   甘粕事件 (犯人:甘粕正彦
1925/01/20   日ソ基本条約調印 (北京)
1925/04/22   治安維持法公布
1925/05/05   普通選挙法公布 (男子普通選挙)
1926/01/15   京都学連事件
1926/03/05   労働農民党結成
1927/07/15   27年テーゼ (コミンテルン日本問題委員会)
1928/02/01   共産党機関紙「赤旗」創刊
1928/03/15   三・一五事件 (共産党関係者一斉検挙)
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用日本共産党の経過を略述すると、 党は、大正十一年七月十五日、コミンテルンと片山潜の援助のもとに創立された。 当時の党員は、市川正一、荒畑寒村、猪俣津南雄、国領伍一郎、近藤栄蔵、堺利彦、佐野学、徳田球一野坂参三、 山本懸蔵、山川均、渡辺政之輔などだった。 これには無政府主義的組合主義や合法マルクス主義者なども参加していた。
翌十二年の二月には千葉県市川町で第二回大回が開かれ、三月に東京石神井で臨時大会が招集され、 綱領草案が討議された。 そのとき堺利彦その他が君主制廃止のスローガンを掲げることに反対したため綱領草案は審議未了に終った。
この年六月に大検挙が行われ、市川、徳田、渡辺などの指導者が逮捕されて、 創立されたばかりの共産党は大きな打撃を受けた。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。