普通選挙法公布
1925/05/05
やたー! 大正の悲願「普通選挙」が25歳以上の男子に実現。
    
1900/03/29   選挙法改正 (選挙資格:直接国税15円以上→10円以上)
1919/05/23   選挙法改正 (選挙資格:直接国税10円以上→3円以上)
1920/02/11   普選大示威行進 (東京)
1924/01/10   護憲運動A開始
1924/05/10   総選挙[15] (憲政151、政友105、革新30、政友本党109、他69)
1924/06/07   清浦内閣総辞職
1924/06/11   加藤(高)内閣(護憲三派内閣)成立 (首相:加藤高明
1925/04/22   治安維持法公布
1925/05/01   陸軍軍縮計画(宇垣軍縮)発表
1925/05/05   普通選挙法公布 (男子普通選挙)
1925/05/14   革新倶楽部右派(犬養毅ら)、政友会に合流
1925/05/28   犬養毅(逓相)、政界引退を発表 (05/30 逓相辞任)
1925/07/31   加藤(高)内閣(護憲三派内閣)総辞職
1925/08/02   加藤(高)内閣(憲政会単独内閣)成立 (政友会、政権を離脱)
1926/09/03   浜松市議会議員選挙 (普通選挙法による最初の選挙)
1945/12/17   選挙法改正 (婦人参政権など)
〜 3年後の政友会内閣 〜
無産左派大弾圧、大選挙干渉、三・一五事件
→ 普通選挙法の精神はどこへ? 残ったのは強化された治安維持法だけ?
〜 選挙権のない人 〜
25歳未満 / 女性 / 華族(戸主) / 現役軍人 / 住所不定の人 / 極端な貧乏人
taro's トーク ああああああ
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。