蒋介石、上海クーデター (国共分離)
1927/04/12
北伐の途上、蒋介石は共産党を切り捨てて、財閥と手を組んで権力を手中に収めた。
    
1924/01/20   国共合作@成立
1924/09/18   孫文、北伐宣言A
1925/03/12   孫文病死 (北京)
1926/03/20   中山艦事件 (蒋介石、戒厳令を公布し、共産党員逮捕)
1926/07/09   蒋介石、北伐開始
1927/03/24   南京事件
1927/04/12   蒋介石、上海クーデター (国共分離)
1927/04/18   南京国民政府成立
1927/05/28   山東出兵@
1927/12/11   中国共産党、広州で武装蜂起、広州コミューン樹立 (12/13 鎮圧)
1927/12/15   中国国民政府、ソ連に国交断絶を通告
1928/04/07   北伐再開
1928/04/19   山東出兵A
1928/05/03   済南事件
1928/05/08   山東出兵B
1928/05/11   日本軍、済南占領
1928/06/04   満州某重大事件 (張作霖爆殺)
1928/06/09   北伐軍、北京入城 (北伐完了)
1937/09/23   国共合作A成立
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用この日未明、 上海の暗黒街を支配する青幇()・紅幇()のギャング団が労働者糾察隊を襲ったのをきっかけに、 蒋介石の命を受けた白崇禧軍が市内に進出して糾察隊を武装解除し、抵抗する者を射殺した。 糾察隊を指揮していた周恩来はかろうじて脱出した。 それから三日間、上海の街は血の海と化した。 二十万の抗議デモ隊には容赦なく機銃掃射が浴びせられ、市内のいたるところで共産党員、革命的労働者が逮捕、銃殺された。 この上海の惨劇はアンドレ・マルロウの『人間の条件』になまなましく描かれている。 つづいて四月十五日には広州でも同じような大虐殺が行なわれ、以後蒋介石の支配地域ではどこでも白色テロが荒れ狂った。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。
「青幇」「紅幇」の「幇」は、正しい字を表示できないため、仮にこの字を当てています。