山東出兵@
1927/05/28
張作霖の勢力弱体化を防ぐため、武力介入で北伐軍の力をそごうとしたが。
    
1924/01/20   国共合作@成立
1924/09/18   孫文、北伐宣言A
1925/03/12   孫文病死 (北京)
1926/07/09   蒋介石、北伐開始
1927/03/24   南京事件
1927/04/12   蒋介石、上海クーデター (国共分離)
1927/04/18   南京国民政府成立
1927/05/28   山東出兵@
1927/06/27   東方会議開催 (対中政策決定)
1927/08/30   政府、山東派遣軍撤兵を声明 (09/08 撤兵完了)
1928/04/07   北伐再開
1928/04/19   山東出兵A
1928/05/03   済南事件
1928/05/08   山東出兵B
1928/06/04   満州某重大事件 (張作霖爆殺)
〜 その結末は 〜
張作霖爆殺(満州某重大事件)ですべて水の泡
taro's トーク ああああああ
引用五月二八日、北伐軍が華北の徐州を占領したという情報を得ると、 田中内閣は、時をうつさず、第一次山東出兵を決定した。 居留民の生命財産を現地保護するため、というのがその理由であった。 しかし、真の狙いは、満州・華北に革命が波及することをふせぐことにあった。 森恪や陸軍の強硬派の主張が通ったのである。
英米両国も、これを無条件で歓迎した。 両国も、中国民族主義の鉾先がみずからにむかうことを警戒したためである。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。