クレジット・アンシュタルト銀行(墺)倒産
1931/05/11
世界恐慌の嵐に飲み込まれて、オーストリア最大の銀行が倒産。
    
1929/10/24   米・ウォール街、株価大暴落 (→世界恐慌)
1931/05/11   クレジット・アンシュタルト銀行(墺)倒産
1931/06/20   フーバー・モラトリアム
1931/09/18   柳条湖事件 (満州事変勃発)
1932/06/16   ローザンヌ会議開催 (〜07/09/ドイツ賠償金支払い問題)
1932/07/21   オタワ連邦会議 (〜08/20)
1932/07/31   ナチス、第1党に躍進
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用ドイツ経済を動かすうえで重要な役割を果たし、したがって、賠償支払いを円滑に履行するために必要だった外資が縮小したことは、 ドイツに大きな打撃となった。 さらに三一年、ドイツがオーストリアと関税同盟を結ぼうとしたところへ、 ウィーンの有力銀行、クレディット・アンシュタルトが五月に破産の危機に瀕した。 その信用不安はただちにドイツへ波及し、多くの銀行が取り付け騒ぎにみまわれた。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。