[詳細] 若槻内閣A成立
1931/04/14
浜口首相の病状悪化で、若槻礼次郎、1926年に続いて2度目の緊急登板。
[事項]【内閣成立史】  
内閣総理大臣若槻礼次郎    
外務大臣幣原喜重郎    
内務大臣安達謙蔵    
大蔵大臣井上準之助    
陸軍大臣南次郎    
海軍大臣安保清種    
司法大臣渡邊千冬    
文部大臣田中隆三    
農林大臣町田忠治    
商工大臣桜内幸雄    
逓信大臣小泉又次郎    
鉄道大臣江木翼原脩次郎   
 〜1931.09.10    
拓務大臣原脩次郎(若槻礼次郎)   
 〜1931.09.10    
内閣書記官長川崎卓吉    
法制局長官武内作平斉藤隆夫   
 〜1931.11.08    
1930/11/14   浜口首相狙撃事件 (東京駅/犯人:佐郷屋留雄)
1931/03/17   三月事件 (陸軍によるクーデター未遂)
1931/04/13   若槻礼次郎、民政党総裁就任
1931/04/13   浜口内閣総辞職
1931/04/14   若槻内閣A成立 (首相:若槻礼次郎
1931/05/16   官吏減俸を閣議決定 (蔵相:井上準之助
1931/09/18   柳条湖事件 (満州事変勃発)
1931/09/24   政府、不拡大方針を声明
1931/10/08   錦州爆撃 (関東軍の飛行隊)
1931/11/18   日本政府、満州への増派を閣議決定
1931/11/21   安達内相、政友・民政協力内閣を主張 (声明発表)
1931/10/17   十月事件 (桜会によるクーデター未遂)
1931/12/11   若槻内閣A総辞職 (安達内相の辞任拒否で閣内不統一)
1931/12/13   犬養内閣成立 (首相:犬養毅
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。
「若槻内閣A」は「第2次若槻内閣」「第二次若槻礼次郎内閣」と同じ意味です。