満州国承認 (日満議定書調印)
1932/09/15
独立させた満州国を、今度は日本の支配下に置いた。
    
1931/09/18   柳条湖事件 (満州事変勃発)
1931/09/21   朝鮮軍、満州へ越境出動 (司令官:林銑十郎/統帥権侵犯)
1931/10/17   十月事件 (桜会によるクーデター未遂)
1931/12/10   国際連盟、満州問題調査委員会設置
1932/01/07   陸軍、満州独立の方針を関東軍参謀板垣征四郎に指示
1932/01/07   スチムソン・ドクトリン (米、満州事変を不承認)
1932/01/28   上海事変@勃発
1932/03/01   満州国建国宣言
1932/05/05   上海停戦協定調印
1932/05/15   五・一五事件 (犬養首相暗殺)
1932/08/25   内田外相、「焦土外交」の決意を表明
1932/09/15   満州国承認 (日満議定書調印)
1932/10/03   武装移民団416人、満州へ出発
1933/02/20   閣議、対日勧告案可決の場合の国際連盟脱退を決定
1933/02/24   国際連盟総会、リットン報告書を採択
1933/03/28   日本、国際連盟脱退
〜 日満議定書と秘密協定 〜
日本の既得権益を承認 / 国防を関東軍に委任 / 最高権力者は日本人 / など
taro's トーク ああああああ
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。