ゴーストップ事件
1933/06/17
とまれ。 とまらぬ。 軍人さんとおまわりさんの衝突が、意地をかけた大事件に発展。
    
1931/09/18   柳条湖事件 (満州事変勃発)
1933/06/17   ゴーストップ事件 (大坂天六交差点)
1933/12/09   陸海軍両省、軍部批判は黙視できぬと声明
1934/10/01   陸軍パンフレット「国防の本義と其強化の提唱」発行
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用6月17日、大阪の天六市電交差点で、信号を無視して道路を横断しようとした第4師団の一等兵を曽根崎署の巡査がとがめたが、 兵士は「憲兵ならともかく、巡査の指示は受けない」と反抗。 巡査は派出所に連行すると乱闘になった。
陸軍は「軍服着用である以上、軍人として扱うべき」「陛下の軍隊を侮辱するのは不敬」と硬化。 大阪府警は「公務外の外出であれば交通規則に従うべき」「警察官も陛下の警察官」と反発、大抗争に。 5か月後、兵庫県知事の仲裁で解決するが、当時の軍の横暴ぶりを示すエピソードである。
引用軍人の跋扈、のぼせ上がった態度をよく示しているのが いわゆるゴー・ストップ事件である。一九三三年六月、大阪天神橋の交差点で、 信号を無視して車道を横断しようとした兵卒に交通巡査が注意したところ、 この兵卒が注意を無視し反抗的態度を示したため、巡査が彼を派出所に連行し、 そこで両者の間に小突き合いが生じた。これが事件の概要である。
問題はこのあとである。 兵隊が警官にいじめられていると受け取った見物人の一人が憲兵隊に電話し、 憲兵はこの事件を軍人に対する侮辱であり、「皇軍の威信」に関する重大問題であるとして、 兵卒が所属する第八連隊と第四師団に報告した。 第四師団は大阪府に謝罪を要求するという態度を表明し、それによって今度は府側が態度を硬化させ、 しかも新聞が事件とそれをめぐる軍と府との対立を大々的に報じた。 兵卒は巡査を告訴するに至った。 やがて兵庫県知事が調停に乗り出し、それによってようやく騒ぎがおさまったのは同年十一月、 事件が発生してから五ヵ月を経過していた。
兵卒と巡査のどちらが先に手を出したのか、この場合それは問題ではない。 いずれにしても、非は交通法規に違反し巡査の注意を無視した兵卒にあった。 それなのに、この微々たる事件を「皇軍の威信」に対する侮辱であるとして、 憲兵隊や師団が問題にすることが異常であった。 こうした事件の扱い方に、当時の軍人ないし軍隊ののぼせ上がった態度を、かなりはっきりと見ることができよう。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。