冀東防共自治委員会成立
1935/11/25
満州の次は華北だ。 独立の次は自治だ。 溥儀の役は殷汝耕だ。 日本軍のかいらい政権 できた。
    
1931/09/18   柳条湖事件 (満州事変勃発)
1932/01/28   上海事変@勃発
1932/03/01   満州国建国宣言
1933/05/31   塘沽停戦協定
1935/06/10   梅津・何応欽協定
1935/06/27   土肥原・秦徳純協定
1935/08/01   八・一宣言
1935/11/25   冀東防共自治委員会成立 (主席:殷汝耕/12/25 冀東防共自治政府と改称)
1935/12/09   一二・九運動
1935/12/18   冀察政務委員会成立 (委員長:宋哲元)
1936/11/24   綏遠事件
1936/12/12   西安事件 (張学良・楊虎城、蒋介石を監禁)
1937/07/07   盧溝橋事件 (日中戦争勃発)
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用軍部の華北政策は、華北五省(察哈爾、綏遠、河北、山東、山西)の「自治」と華北経済圏の独立、 すなわち「第二の満州国」化に向けられていった。 十一月には河北省東北部の非武装地帯に、殷汝耕を首班とする冀東政権(冀東防共自治委員会、 翌月自治政府に改組)が作られ、 さらに十二月には中央政府からなかば独立して河北・察哈爾両省を管轄する冀察政務委員会(委員長宋哲元)が成立した。 このほか日本軍特務機関から金と武器を支給された「自治」運動が続出した。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。