一二・九運動
1935/12/09
華北の地を日本から守れ! 北京の学生たちが立ち上がり、抗日の導火線に火がついた。
    
1931/09/18   柳条湖事件 (満州事変勃発)
1932/01/28   上海事変@勃発
1932/03/01   満州国建国宣言
1933/05/31   塘沽停戦協定
1935/06/10   梅津・何応欽協定
1935/06/27   土肥原・秦徳純協定
1935/08/01   八・一宣言
1935/11/25   冀東防共自治委員会成立 (主席:殷汝耕/12/25 冀東防共自治政府と改称)
1935/12/09   一二・九運動
1935/12/18   冀察政務委員会成立 (委員長:宋哲元)
1936/11/24   綏遠事件
1936/12/12   西安事件 (張学良・楊虎城、蒋介石を監禁)
1937/07/07   盧溝橋事件 (日中戦争勃発)
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用冀東政権につづいて冀察政務委員会設立の動きが具体化すると、 華北分離の危機感が拡がった。 まず起ちあがったのは北平の学生たちである。 十二月九日、酷寒のなかを五千人の学生が、「日本帝国主義打倒」「華北自治反対」「全国が武装して華北を守れ」 などのスローガンを叫びながらデモ行進した。 デモ隊の中心は奉天を追われて北平に移転していた東北大学の学生たちであった。 事前に学生の行動を察知した宋哲元は、警察、軍隊を大量に動員し、 放水、棍棒、大刀、銃剣で阻止し、多数の負傷者・逮捕者を出した。 しかし学生たちは屈しなかった。 さらに十二月十六日冀察政務委員会成立予定日に、ふたたび一万余の学生がデモ行進を行ない、 軍隊・警察と激しい衝突をくりかえしながら市民数万人が参加する民衆大会を開き、 「冀察政務委員会を承認しない」「華北のいかなる傀儡組織にも反対する」「東北の失地を回復せよ」などの決議案を採択した。 政務委員会の成立大会は十八日に延期され、ひそやかな形で行なわざるをえなくなった。
当局のきびしい取締りのなかで敢行されたこの学生たちの運動は、全国に波紋を拡げ、 蒋介石の「学生運動禁止令」(三六年一月)を無視して、全国主要都市で学生の集会、デモが挙行された。 学生たちは救国宣伝団を組織して農村に入り、農民たちに亡国の危機と抗日の道を説いた。 こうした運動を基盤にして、五月には全国学生救国連合会が上海で結成され、 おりからの日本の支那駐屯軍大増強(千八百人から五千八百人に)に反対する運動を全国に拡大していった。
学生たちの運動はさらに広範な階層へと拡がっていった。 一二・九の直後、上海で沈鈞儒、鄒韜奮()らの「上海文化界救国会」が、 また「上海婦女界救国連合会」がつくられ、三六年五月には、 全国の同様な組織六十余を結集した「全国各界救国連合会」が誕生して、「内戦停止、一致抗日」を要求した。
これに対して国民党政府は、三六年二月「治安維持緊急治罪法」を発布して抗日運動をきびしく抑圧し、 十一月には全国各界連合会の指導者沈鈞儒、鄒韜奮()、章乃器ら七人を 「民国に危害を加えた」との罪名で逮捕した。 いわゆる「抗日七君子事件」である。 しかしこのような弾圧は、運動に一層拍車をかける結果となり、抗日救国の声は全国にみなぎった。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。
「鄒韜奮」の「韜」は、正しい字を表示できないため、仮にこの字を当てています。