陸軍(陸相予定者寺内寿一)組閣干渉
1936/03/06
自由主義者を大臣にしたら、若いもんが黙ってねーぜ。 陸相予定者、いきなりの恫喝。
    
1936/02/26   二・二六事件
1936/02/28   岡田内閣総辞職
1936/02/29   戒厳部隊、討伐行動開始 (→反乱軍帰順)
1936/03/04   近衛文麿に組閣命令 (辞退)
1936/03/05   広田弘毅に組閣命令
1936/03/06   陸軍(陸相予定者寺内寿一)組閣干渉 (自由主義者の排除を要求)
1936/03/09   広田内閣成立 (首相:広田弘毅
1936/03/23   陸軍、二・二六事件関係者の処分と人事異動を発表
1936/05/07   斉藤隆夫「粛軍演説」
1936/05/18   軍部大臣現役武官制復活
1936/11/25   日独防共協定調印
1937/01/21   浜田国松「割腹問答」
1937/01/21   寺内陸相、広田首相に解散を要求
1937/01/23   広田内閣総辞職
1937/01/29   宇垣内閣流産
1937/02/02   林内閣成立 (首相:林銑十郎
〜 幻の吉田茂外相 〜
広田首相とは外務省同期入省で、内閣の組閣参謀役
当然、外相としての入閣が予定されていた
⇒ 寺内の干渉で、閣僚名簿から削除 (自由主義者 牧野伸顕の女婿だから)
taro's トーク ああああああ
引用岡田内閣は総辞職し、近衛文麿が組閣を命ぜられたが、近衛は辞退した。
代って組閣を命じられたのは、外相の広田弘毅だった。 広田はこれを受諾して、組閣に乗り出したが、閣僚メンバーについて、陸相寺内寿一をはじめとする陸軍側から激しい横槍が入った。 外相候補の吉田茂ら五人の入閣予定者が自由主義的で、時局を乗り切るには、不適当であるというのが、 陸軍側の主張だった。 陸軍側の政治干渉は従来になく強硬なものだったため、広田はやむなく吉田を除外するなど、閣僚の顔ぶれを変更して、 組閣にこぎつけた。
引用寺内は、偕行社に待ちうけていた林銑十郎阿部信行荒木貞夫と三人の大将をたずね、 諒承を得ると、午後二時四十分、組閣本部に現われた。
「あなたの時局認識は、多分に疑問なところがある。 これでは組閣には同調しがたい」と述べたてた。広田は、押し返した。
「陸軍だけの判断で、時局認識うんぬんといわれるのは困る。 それに具体的な政策については、内閣ができたあと、全閣僚が協議していくのが当然だ。 不平不満、批判があるならば、その折にははっきりしてもらいたい」
「いや、そうはいっても、最初から疑義のある内閣に、私は入閣できがたい。 これは私一人の意見ではなく、陸軍の総意だ」
寺内は困惑しきった広田をあとにして、組閣本部の外相官邸を出ると、陸軍省で記者団と会見して談話を発表した。
「この未曾有の重責に任ずべき新内閣は、内外にあたり時弊の根本的刷新、国防充実など、 積極的強力国策を遂行せんとする気魄と、実行力とを有することが絶対に必要であって、 依然として自由主義的色彩を帯び、現状維持または消極的政策により、妥協退嬰をこととするがごときものであってはならない。 積極政策により国政を一新することは、全軍一致の要望であって、 妥協退嬰は時局を収拾するゆえんにあらずして、かえって事態を紛糾せしむるのみならず、 将来大なる禍根を残すものというべきである」
【中略】
陸軍の要求とはなんであるのか。―陸軍側では組閣名簿を手にして、 武藤章中佐がその何人かの名前の上に赤線を引っ張った。 つまりそれらの人々は入閣させるなということであった。
広田の組閣参謀たちは、やがてこの陸軍の意向を知った。
一、牧野の女婿吉田茂を外相に起用せんとすること。
一、自由主義の急先鋒である朝日新聞の下村を、入閣せしめんとすること。
一、川崎卓吉のごとき党人を、内相にすえんとすること。
一、小原直のごとき国体明徴の観念に異議のある者を、入閣せしめんとすること。
一、中島知久平のごとき軍需産業に関係のある者を、入閣せしめんとすること。
入閣予定者を五名まで拒否されて、広田は、見るも無残な情けない顔つきになった。
「やむを得ない。これらの諸君には、私としては辛いことだが、涙をのんでもらわねばならない」 ―消えいるような声でいった。
具体的な陸軍の人事案をのんだにもかかわらず、陸軍はなおも横車を押してきた。 政友、民政から、それぞれ二名ずつ入閣を予定していたのを、一名に減らせというのであった。 広田は、それをも承知した。
陸軍に対して、屈服につぐ屈服を重ねてできあがった広田内閣―その後のことになるが、 政治史的には取り返しのつかない、大きな失敗を重ねることになる。 それは軍務大臣の任用令の改正である。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。