ミュンヘン会談
1938/09/29
チェコの代表抜きで、チェコの国土をドイツに売り渡す相談が行なわれた。
    
1933/01/30   ヒトラー内閣成立 (独)
1933/03/23   ドイツ議会、全権委任法を可決 (ヒトラー独裁体制確立)
1934/08/19   ヒトラー、首相と大統領を兼任
1935/03/06   ドイツ、再軍備宣言
1935/06/18   英独海軍協定調印
1935/10/21   ドイツ、国際連盟脱退
1936/03/07   ドイツ軍、ラインラント進駐
1936/10/25   イタリア外相チアノ、ベルリン訪問 (ローマ・ベルリン枢軸)
1936/11/25   日独防共協定調印
1938/02/04   ヒトラー、統帥権掌握 (国防相、陸軍司令長官を解任)
1938/03/13   ドイツ、オーストリア併合
1938/09/29   ミュンヘン会談
1938/09/30   ミュンヘン協定 (ドイツへのズデーテン割譲を決定)
1938/10/01   ドイツ軍、ズデーデン進駐
1938/10/05   ベネシュ(チェコ)大統領辞任、亡命
1939/03/16   ヒトラー、ボヘミア・モラビアの保護国化宣言 (チェコ解体)
1939/03/21   ドイツ、ポーランドにダンチヒ割譲を要求 (03/26 ポーランド拒否)
1939/03/23   ドイツ、メーメル(リトアニア)併合
〜 首脳たちの思惑 〜
ヒトラー(独)総統 :強気のかけひきで、ズデーテンはいただきだ。
チェンバレン(英)首相 :とにかく平和だ。そのためには譲歩もやむをえない。
ダラディエ(仏)首相 :まず戦争回避だ。イギリスと歩調をあわせよう。
ムッソリーニ(伊)首相 :この会談をうまくまとめて、わが国のステータスをあげよう。
taro's トーク ああああああ
引用ベルヒテスガーデンでの会合において、ヒットラーは民族自決を楯にスデーテンの併合を要求し、 この目的を達成するためには「世界戦争も辞さない」旨をほのめかした。 チェンバレンヒットラーに敗け、帰国後、まず自国閣僚を、それからフランス政府を納得させた。 ついでイギリスとフランス両国政府はチェコ政府に、ドイツの要求を呑むよう勧告した。 チェコ政府がこれを蹴ったとき、両国政府は、チェコを見捨てるという威嚇など、あらゆる手を使って圧力をかけてきた。 九月二十一日、チェコは新国境をイギリスとフランスとが保障するという条件で、ついに屈服した。
翌九月二十二日、チェンバレンはボン南方の都市、ゴーデスベルクに飛び、ヒットラーと領土割譲についての手続きだけを 打ち合わせようとした。ところが、ヒットラーはさらに新しい要求をつきつけてきた。 チェコは人民投票をまつことなく、また軍事的・経済的施設を撤去ないし破壊することなく、 圧倒的にドイツ人の多い地区を即時放棄せよ、というのである。 それのみかヒットラーは、ポーランドおよびハンガリーによるチェコへの領土的要求をも支持したのであった。
引用九月十九日午後二時、チェコの首都プラハに駐在する英公使B・ニュートンは、仏公使V・ド・ラクロワと同道して 大統領E・ベネシュを訪ね、英仏共同勧告書を手交した。
内容は、チェコがズデーテン地方を割譲しなければヨーロッパの平和もチェコの国益も維持できなくなる、 との主意で、人民投票による決着も混乱を招きかねないので「直接割譲」をすすめる、というのである。
そのごのチェコの安全保障には協力する、という項目もあるが、 それには「軍事的性格の相互義務を含む現存条約を放棄する」ことが条件になっていた。
そして、二十二日に英独首脳会談が再開されるので至急に回答してほしい、という。
昼食後の安楽な気分で応接していた大統領ベネシュは、一瞬に顔色が蒼ざめ、胃を押さえた。 急激な緊張のために胃の活動が不良となり、痛みにおそわれたらしい。
チェコは、 【中略】 第一次大戦の産物としてオーストリアから派生した国である。 その誕生の産婆役をつとめたのは英仏であり、チェコの安全についても、ソ連との条約はフランス、 フランスとの条約は英国の協力が条件になっているように、両国が保障する体制になっている。
それなのに、ドイツとの戦争が嫌だからといって、もともと関係がないドイツに領土を割譲せよと迫り、 今後は軍事同盟も結ばない、という。
ソ連も単独ではチェコ防衛に立ち上らない以上、つまりはチェコの保護から手を引くというにひとしい。
自分たちが作ってやった国だから自分たちでどうにでも処理できる、と考えてでもいるのだろうか。
「要するに、わが国は見捨てられたわけだ」
大統領ベネシュは、痛む胃をさすりながら、割譲勧告は承知できない、一部の割譲は国家全体が併呑される一歩にすぎない、 と二人の公使に強調した。
引用ヒトラーは、イタリヤ大使アトリコを通じてムソリーニ首相と連絡して、翌日ミュンヘンで 「チェコ抜き四国会議」を開催することにして、午後二時少し前、英仏伊三国首脳に招請電を送った。
英首相チェンバレンがその電報を受理したのは、午後四時十五分、ちょうど議会で対ドイツ交渉の経緯を説明中であった。
首相がニュースを披露すると、「神よ、首相を讃えよ」という叫びを合図に議場は歓声にどよめき、 貴賓席にいた皇后メリーは首相夫人の手をとってともに嬉し泣いた。
「過般来、致国(チェコ)問題は紛糾を重ねありしが、結局は弱国の犠牲によりて大国が戦争を免れたり」
とは、日本の外相宇垣一成がいち早く下した“判決”であるが、 その種の冷静な観察をする余裕を持つ者は当時の「大国」には稀少であった。
ロンドン、パリ、そしてニューヨークでも、ひたすらに戦争回避を喜ぶ市民が街頭で踊った。
引用午後一時四十五分に開始された会談は、およそ首脳会談にふさわしくない「乱雑な雰囲気」がつづいた。
議題も議事次第も議長も、会議の進行に必要な手続きがなにひとつ定められていなかったからである。
「今日じゅうに妥結しよう。 わずか二十四時間の遅延も新たな不安と不振を招きかねぬ」
ムソリーニ首相は、今回ばかりは「拙速も正義」だと強調したが、なにせ会議に秩序がないのだから、 各首脳はわれ勝ちに発言し、通訳P・シュミットは、待って下さい、まず私に翻訳させて下さい、 とうるさい生徒に往生する小学校教師なみに汗だくになった。
ムソリーニ首相は、しかし、そうなると、かえって楽しくなったらしい。
英仏独三首脳はそれぞれ自国語しか話せないが、ムソリーニ首相は、いずれも下手でイタリヤなまりがひどかったが、 英語もフランス語もドイツ語もしゃべれる。
そこで、いつの間にか通訳シュミットを押しのける形で三国首脳の言葉を仲介し、自然に会議の主宰者になった。
「みんな私を見ておった。まことに愉快な日だった」
ムソリーニ首相は、会談後、首相の通訳に配置されていたSS(親衛)隊大尉E・ドルマンにそう述懐している
引用九月二十九日、木曜日。チェンバレンは、イギリス政府の全閣僚の見送りをうけてミュンヘンにむかう機上のひととなった。 二十日間にもみたないあいだに三度も、大英帝国の首相がドイツの独裁者のもとへおもむこうとしているのだ。 すべては、なんとしてでもヨーロッパの平和を救いたいという願望からにほかならない。
ミュンヘン会談は、「総統の家」とよばれる旧王宮の構内に新築された建物のなかでおこなわれた。 出席者は、イギリスのチェンバレン、フランスのダラディエ、ドイツのヒトラー、イタリアのムッソリーニの各首脳であった。 特徴的なことは、これからチェコスロヴァキアの領土問題が議されようとしていたのに、 肝心のこの国の代表が会議に出席をみとめられなかったことである。 ミュンヘンにやってきたチェコスロヴァキア政府の代表は、会議のあいだじゅう別の部屋で待たされ、なんの発言も許させなかったのである。
会議は、ムッソリーニがたずさえてきた提案―実は、 ドイツのゲーリングらによって前日に作成されたもの―を中心にすすめられた。 英仏の首脳は、最初からヒトラーに譲歩するつもりでミュンヘンにやってきたのだから、 大きな点では意見のくいちがいはおこらなかった。 二十九日の夜いっぱいをついやして討議がつづけられたのち、翌三十日の午前一時すぎになって妥協に達し、 ここにいわゆるミュンヘン協定が調印された。 その内容は、ゴーデスベルクでヒトラーがもちだした要求をほぼそのままみとめたものだった。 すなわち、ドイツ軍は十月一日からズデーテンラントの進駐を開始し、十月十日までにこの地域の占領を完了するものときめられた。 また、ポーランドやハンガリーのチェコスロヴァキアに対する領土要求は、別途に解決さるべきものとされた。
このミュンヘン会談の結果は、英仏を通じてチェコスロヴァキア政府に有無をいわさぬかたちでおしつけられた。
「わたしは、いまでもあの運命の夜のことを思いだす。 会合のあと、『総統の家』のひろい階段を気どっておりていったヒトラーの目の勝利のかがやき、 特別製の軍服に身をつつんだムッソリーニの得意げなおももち。 レギナ・パレス・ホテルにもどってゆくチェンバレンのあくびと、そのここちよく眠たげな様子」
ミュンヘン会談の取材にあたったアメリカのジャーナリストのシャイラーは、こんなふうに回想している。
なお、三十日の朝はやく、チェンバレンは、もう一度ヒトラーと二人だけで会談した。 そして、つぎのような文章をふくむ共同声明に署名した。
「われわれは、昨夜調印された協定(つまりミュンヘン協定)と英独海軍協定とを、 相互に決して戦争をしないという(英独)両国民の願望の象徴とみなす」
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。