大本営、「関特演」発動
1941/07/02
御前会議の決定にしたがって、さっそく北だ。 演習の名目で満州に兵力大動員。
    
1940/09/27   日独伊三国軍事同盟調印
1941/03/12   松岡外相訪欧 (03/26 ベルリン到着)
1941/04/13   日ソ中立条約調印
1941/04/16   日米交渉開始
1941/04/22   松岡外相帰国 (日米交渉に大反対)
1941/06/17   日蘭交渉打切り (石油交渉は継続)
1941/06/22   独ソ戦開始
1941/07/02   御前会議、「南進」「北進準備」を決定
1941/07/02   大本営、「関特演」発動
1941/07/16   近衛内閣A総辞職
1941/07/18   近衛内閣B成立 (首相:近衛文麿
1941/07/25   アメリカ、日本資産の凍結
1941/07/28   蘭印、日蘭石油民間協定を停止
1941/07/28   南部仏印進駐
1941/08/01   アメリカ、対日石油輸出禁止
1941/09/06   御前会議、対米開戦を決意 (「帝国国策遂行要領」決定)
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク 中国大陸での出口の見えない戦争はもう4年に及ぼうとしていた。 日本軍はさらに東南アジアへも兵を進めた。南進である。 加えて北進も考えはじめた。 関東軍特殊演習、いわゆる「関特演」で満州に大兵力を動員し、いつでもソ連に攻め込めるよう準備を整えたのだ。 西でドンパチ、南へ北へ。この日本のめっちゃめちゃを理解するカギはドイツだ。 ドイツがフランスをやっつけると、日本軍はこの国の東南アジアの植民地に入り込んだ。 独ソ戦がはじまると、ソ連がやっつけられることを期待して、で「関特演」というわけだ。 日本人としてとても残念なことだが、この時期の日本はハイエナくんと化していた。 貧すれば鈍するということだろう。おまけに、日蘭交渉の決裂や独ソ戦の開始でパニくってもいた。 この後も日本の迷走は続く。人の迷惑を顧みず、ガツついた過去に目をつぶるより、 それを直視して、貧しないように鈍しないようにと思う方が、ずっと愛国的だと思うtaroである。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。