ガダルカナル島撤退開始
1943/02/01
飢えに苦しむ「ガ島戦士」救出作戦、奇跡的に成功。
    
1942/06/05   ミッドウェー海戦 (〜06/07)
1942/08/07   アメリカ海兵隊、ガダルカナル島上陸
1942/08/08   ソロモン海戦@
1942/08/21   一木支隊全滅 (ガダルカナル島)
1942/08/24   ソロモン海戦A
1942/08/28   ポートモレスビー作戦中止
1942/09/12   川口支隊、攻撃開始 (09/14 失敗/ガダルカナル島)
1942/10/24   陸軍2個師団、総攻撃開始 (10/25 失敗/ガダルカナル島)
1942/10/26   南太平洋海戦
1942/11/14   ソロモン海戦B
1942/12/07   田中新一(参謀本部)作戦部長解任 (船舶徴用問題)
1942/12/31   大本営、ガダルカナル撤退を決定
1943/02/01   ガダルカナル島撤退開始 (02/07 撤退完了)
1943/04/18   海軍甲事件 (連合艦隊司令長官山本五十六戦死)
1943/05/29   アッツ島守備隊玉砕
1943/06/05   山本五十六元帥国葬
1943/09/08   イタリア、無条件降伏
1944/02/17   アメリカ機動部隊、トラック島空襲
1944/03/31   海軍乙事件 (連合艦隊司令長官古賀峯一「殉職」/04/05 発表)
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
語録 ガ島を餓島たらしめたる責任は後方の司令部、大本営(陸海軍共)に在る。 第一線の将兵は悉く飢餓に瀕し、悉く病に冒されたのである。 軍隊の戦力は極度に低下し、個人を見ても軍隊を見ても悉く半身否全身不随になってゐた。
井本熊男 (第八方面軍参謀)
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。