日本進歩党結成
1945/11/16
旧大政翼賛会の政治家たちが集まって、日本進歩党をつくってみた。
    
1940/08/15   民政党解党 (以後無政党状態)
1940/10/12   大政翼賛会発足
1945/08/15   玉音放送 (終戦の詔勅)
1945/09/29   新聞各紙、天皇のマッカーサー訪問写真を掲載
1945/10/04   GHQ、「自由主義化」を指令
1945/10/11   マッカーサー、幣原首相に憲法改正と5大改革を要求
1945/11/02   日本社会党結成 (書記長:片山哲
1945/11/09   日本自由党結成 (総裁:鳩山一郎
1945/11/16   日本進歩党結成
1945/11/18   町田忠治、進歩党総裁就任
1945/12/01   徳田球一、共産党書記長就任 (共産党再建大会)
1945/12/17   選挙法改正 (婦人参政権など)
1946/01/04   GHQ、軍国主義者の公職追放などを指令
1946/03/06   政府、憲法改正草案要項を発表
1946/04/10   総選挙[22] (自由141、進歩94、社会93、協同14、共産5、他119)
1946/04/19   幣原内閣打倒共同委員会結成 (自由・社会・協同・共産の4党)
1946/04/22   幣原内閣総辞職
1946/04/23   幣原喜重郎、進歩党総裁就任
1946/05/22   吉田内閣@成立 (首相:吉田茂
1947/03/31   民主党結成
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用旧民政党系が中心となってこしらえたのが、進歩党であった。 ただし、この党は、自由党とは異なって、戦時中、時めいていた大日本政治会三百七十名を母体としていただけに、 結党までには紆余曲折があった。 上野精養軒で結党大会を開き、幹事長鶴見祐輔、政調会長太田正孝、総務会長犬養健という人事を決めたのは十一月十六日であった。 総裁は空席のままとし、のちに町田忠治を選任した。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。