[詳細] 東久邇宮内閣成立
1945/08/17
不穏な国内情勢を抑え、占領軍を迎えるため、切り札の宮様内閣ついに成立。
[事項]   
内閣総理大臣東久邇宮稔彦   
外務大臣重光葵吉田茂  
 〜1945.09.15   
内務大臣山崎巌   
大蔵大臣津島寿一   
陸軍大臣(東久邇宮稔彦)下村定  
 〜1945.08.23   
海軍大臣米内光政   
司法大臣岩田宙造   
文部大臣(松村謙三)前田多門  
 〜1945.08.18   
厚生大臣松村謙三   
大東亜大臣(重光葵)1945.08.26廃止  
農商大臣 千石興太郎 1945.08.26廃止  
農林大臣 千石興太郎    
1945.08.26設置    
商工大臣中島知久平   
1945.08.26設置    
軍需大臣中島知久平1945.08.26廃止  
運輸大臣小日山直登   
国務大臣近衛文麿   
国務大臣緒方竹虎   
国務大臣小畑敏四郎1945.08.19〜  
内閣書記官長(緒方竹虎)   
法制局長官村瀬直養   
内閣副書記官長高木惣吉   
1945/08/15   玉音放送 (終戦の詔勅)
1945/08/15   鈴木(貫)内閣総辞職
1945/08/17   東久邇宮内閣成立 (首相:東久邇宮稔彦/無任所相:近衛文麿
1945/08/30   マッカーサー厚木到着
1945/09/02   降伏文書調印 (全権:重光葵梅津美治郎/第二次世界大戦終結)
1945/09/03   重光・マッカーサー会談 (軍政中止)
1945/09/11   GHQ、戦争犯罪人逮捕を指令@ (東條東郷ら39人)
1945/09/17   重光外相辞任 (後任:吉田茂
1945/09/27   天皇、マッカーサーを訪問 (会談@)
1945/10/04   近衛・マッカーサー会談A
1945/10/04   GHQ、「自由主義化」を指令
1945/10/05   東久邇宮内閣総辞職
1945/10/09   幣原内閣成立 (首相:幣原喜重郎
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。
「東久邇宮内閣」は「東久邇内閣」「東久邇宮稔彦内閣」「東久邇稔彦内閣」と同じ意味です。