[詳細] 鈴木(貫)内閣成立
1945/04/07
阿南(陸相)東郷(外相)を口説き落として、老宰相の鈴木内閣発足。
[事項]   
内閣総理大臣鈴木貫太郎    
外務大臣(鈴木貫太郎)東郷茂徳   
 〜1945.04.09    
内務大臣安倍源基    
大蔵大臣広瀬豊作    
陸軍大臣阿南惟幾    
海軍大臣米内光政    
司法大臣松阪広政    
文部大臣太田耕造    
厚生大臣岡田忠彦    
大東亜大臣(鈴木貫太郎)(東郷茂徳)   
 〜1945.04.09    
農商大臣石黒忠篤    
軍需大臣豊田貞次郎    
運輸通信大臣(豊田貞次郎)小日山直登1945.05.19廃止  
 〜1945.04.11    
運輸大臣小日山直登    
1945.05.19設置     
国務大臣桜井兵五郎    
国務大臣左近司政三    
国務大臣下村宏    
国務大臣安井藤治1944.04.11〜   
内閣書記官長迫水久常    
法制局長官村瀬直養    
1945/04/05   小磯内閣総辞職
1945/04/05   鈴木貫太郎に組閣命令
1945/04/05   ソ連、日ソ中立条約の不延長を通告
1945/04/07   鈴木(貫)内閣成立 (首相:鈴木貫太郎
1945/05/07   ドイツ、無条件降伏 (ベルリン陥落)
1945/06/03   広田・マリク(駐日ソ連大使)会談
1945/06/08   御前会議、本土決戦決定 (「今後採るべき戦争指導の基本要綱」)
1945/06/23   沖縄守備隊全滅
1945/06/23   義勇兵役法公布
1945/07/10   最高戦争指導会議、近衛特使ソ連派遣を決定
1945/07/26   連合国、ポツダム宣言発表
1945/08/06   アメリカ軍、広島に原爆投下
1945/08/08   ソ連、対日参戦 (08/09 満州侵攻開始)
1945/08/09   アメリカ軍、長崎に原爆投下
1945/08/10   御前会議、条件付きでポツダム宣言受諾を決定
1945/08/12   日本降伏に関する連合国回答到着
1945/08/14   御前会議、ポツダム宣言受諾を決定
1945/08/15   玉音放送 (終戦の詔勅)
1945/08/15   鈴木(貫)内閣総辞職
1945/08/17   東久邇宮内閣成立 (首相:東久邇宮稔彦/無任所相:近衛文麿
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。
「鈴木(貫)内閣」は「鈴木貫太郎内閣」と同じ意味です。