GHQ、松本試案(改正憲法)を拒否、GHQ草案受け入れを要求
1946/02/13
こんなんじゃだめだ、こっちにしろ。 GHQにいわれて、日本政府がく然。
    
1945/08/30   マッカーサー厚木到着
1945/09/02   降伏文書調印 (全権:重光葵梅津美治郎/第二次世界大戦終結)
1945/09/27   天皇、マッカーサーを訪問 (会談@)
1945/10/04   近衛・マッカーサー会談A
1945/10/09   幣原内閣成立 (首相:幣原喜重郎
1945/10/11   マッカーサー、幣原首相に憲法改正と5大改革を要求
1945/10/11   近衛文麿、内大臣府御用掛就任
1945/10/25   憲法問題調査委員会設置 (委員長:松本烝治
1945/11/01   GHQ、近衛文麿の憲法改正作業にGHQは関知しないと声明
1945/11/22   近衛文麿、帝国憲法改正要綱(近衛私案)を天皇に報告
1946/01/01   天皇、人間宣言 (神格化否定の詔書)
1946/01/24   幣原・マッカーサー会談
1946/02/03   マッカーサー、GHQ民政局に日本憲法草案作成を指示 (02/10 完成)
1946/02/08   松本試案(憲法改正要綱)をGHQに提出
1946/02/13   GHQ、松本試案(改正憲法)を拒否、GHQ草案受け入れを要求
1946/02/21   幣原・マッカーサー会談
1946/02/22   閣議、GHQ草案(改正憲法)受け入れを決定
1946/03/06   政府、憲法改正草案要項を発表
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用二月十三日、【中略】 GHQの憲法草案ができあがり、日本政府に手交された。 そのさいホイットニー民政局長から、「マッカーサー元帥は、かねてから天皇の地位について深い考慮をめぐらしているが、 この草案に基く憲法改正を行うことが、その目的にかなう所以であり、然らざる限り、天皇の一身の保障をすることはない」、 また「日本政府にこれを命ずるわけではないが、日本政府が総司令部案と基本原則及び根本形態を同じくする改正案を 速かに作って出すことを切望する」と付言されたと、これを直接きいた外相の吉田茂が書いている(『回想十年』第二巻)。 要するにマッカーサー元帥は、天皇制の問題について、極東委員会および米国政府の意向を察知して、 これを説得しうる改革を自分の手で行なおうとしたのである。
これより日本政府とGHQとのあいだに、この草案を中心に幾度かの交渉が行なわれ、若干の修正が加えられた。 それが三月六日、政府の発表した「憲法改正案」である。 そして、やがて四月十日行なわれる総選挙に国民の批判を待つことになった。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。