新宿帝都座5階劇場で「ヴィーナスの誕生」開演
1947/01/15
ステージ上の額縁の中でモデルがポーズ。 敗戦後2度目の正月、すけべオヤジたちが殺到。
    
1945/08/15   玉音放送 (終戦の詔勅)
1946/05/23   映画「はたちの青春」封切 (初の接吻シーン)
1947/01/15   新宿帝都座5階劇場で「ヴィーナスの誕生」開演 (初のヌードショー)
1947/01/15   婦女に売淫させた者などの処罰に関する勅令公布
1947/04/08   ムーラン・ルージュ再開 (新宿)
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用一月一五日、新宿帝都座五階劇場で、甲斐三和が、初めてのストリップショーを行った。
このショーは、名画をモデルにし、女性の上半身をあらわにして、額縁をかたどった中で立っているというもので、 「額縁ショー」「名画ショー」などと呼ばれた。
甲斐三和は一九歳のダンサーで、身長も高く、立派な体つきをしていた。 ショーは、黒いカーテンを開いてから閉じられるまで、わずか四、五分の間という短いものだったが、 場内の観衆はかたずをのんで見守ったという。
翌年になると、浅草の常盤座で本格的なストリップが上演され、以後は全国にストリップ専門劇場が続々誕生した。
引用一九四七年(昭22)一月から、東京新宿の帝都座で上演されたヌードショー。 舞台上の額縁の中で、裸体の女性が数十秒間ポーズをとるだけだったが、 戦前に禁じられていたヌードを見物する観客が殺到した。 このあと浅草のロック座などでストリップ・ショーの上演が始まり、四九年には日劇小劇場でもストリップを上演するようになって、 五二年の日劇ミュージックホール開設へとつながった。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。