吉田内閣@総辞職
1947/05/20
社会党人気に押されて吉田自由党、選挙に敗北。 で、内閣総辞職。
    
1946/04/22   幣原内閣総辞職
1946/05/22   吉田内閣@成立 (首相:吉田茂
1946/07/26   閣議、第2次農地改革を決定
1946/08/22   持株会社整理委員会発足
1946/10/08   復興金融金庫法公布
1946/11/03   日本国憲法公布
1946/12/27   閣議、傾斜生産方式を決定
1947/01/04   公職追放令改正 (追放範囲拡大)
1947/01/18   全官公庁労組共闘委員会、「2・1ゼネスト」を宣言
1947/01/31   吉田内閣@改造
1947/01/31   マッカーサー、「2・1ゼネスト」中止を命令
1947/03/31   民主党結成
1947/04/14   独占禁止法公布
1947/04/17   地方自治法公布
1947/04/20   参議院選挙[1] (社会47、自由39、民主29、国協10、共産4、他121)
1947/04/25   総選挙[23] (社会143、自由131、民主124、国協31)
1947/05/03   日本国憲法施行
1947/05/20   吉田内閣@総辞職
1947/05/23   衆参両院、片山哲を首相に指名
1947/05/28   自由党、連立から離脱
1947/06/01   片山内閣成立 (首相:片山哲/官房長官:西尾末広
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。
「吉田内閣@」は「第1次吉田内閣」「第一次吉田茂内閣」と同じ意味です。