泉山蔵相、国会内で泥酔悪態
1948/12/13
人材難とはいえ、とんだ大臣がいたもんだ。 国会で泥酔してセクハラ。 即解任。
    
1948/10/19   吉田内閣A成立 (首相:吉田茂/官房長官:佐藤栄作
1948/11/30   国家公務員法改正公布
1948/12/07   芦田均(前首相)逮捕 (昭電事件)
1948/12/13   泉山蔵相、国会内で泥酔悪態 (12/14 辞任)
1948/12/18   GHQ、経済安定9原則を発表
1948/12/23   衆議院、内閣不信任案可決 (→衆議院解散)
1949/01/23   総選挙[24] (民自264、民主69、社会41、共産35、国協14)
1949/02/16   吉田内閣B成立 (首相:吉田茂
1949/03/07   ドッジ、経済安定9原則実施について声明 (ドッジライン)
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク ああああああ
引用十二月十三日の夜、とんでもない事件が持ち上がった。 補正予算の審議で、国会が夜遅くなったその夜、酒豪の泉山三六蔵相が、参議院食堂で多量に酒を飲んだ。 当時は議員食堂でも酒を出していたのだ。 いささか千鳥足で、参議院議員食堂のほの暗い入り口に来たとき、 民主党の山下春江代議士に出あった。泉山は、抱きついて接吻しようとした。
この件を、同じ民主党の椎熊三郎(のち副議長)が各党に宣伝し、蔵相不信任案提出に持ち込んだ。 吉田は舌打ちして、泉山に辞任を求めた。 もっとも、蔵相になった泉山は、財政、経済がわかるどころか、国会の答弁も泉山節といわれるように、 下手で単調であった。
引用蔵相泉山三六は、一三日、参議院の食堂で酔いつぶれたあげく、民主党の婦人議員山下春江にセップンしようとしてはねつけられ、 本会議の答弁にもたてないという前代未聞の醜態を演じた。 彼は、翌一四年の未明、議員と蔵相を辞職した。 吉田首相は、蔵相を大屋商工相の兼任とし、安本長官を周東農相の兼任とした。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。