[詳細] 吉田内閣A成立
1948/10/19
GHQ民政局の数々の妨害を乗り越えて、吉田茂が第2次内閣を組織した。
[事項]   
内閣総理大臣吉田茂   
副総理林譲治1948.10.19〜  
法務総裁(吉田茂)殖田俊吉  
 〜1948.11.07   
外務大臣(吉田茂)   
大蔵大臣泉山三六(大屋晋三)  
 〜1948.12.14   
文部大臣下條康麿   
厚生大臣林譲治   
農林大臣周東英雄   
商工大臣大屋晋三   
運輸大臣小澤佐重喜   
逓信大臣降旗徳弥   
労働大臣増田甲子七   
建設大臣益谷秀次   
経済安定本部長官泉山三六(周東英雄)  
 〜1948.12.14   
中央経済調査庁長官
泉山三六(周東英雄)  
 〜1948.12.14   
物価庁長官泉山三六(周東英雄)  
 〜1948.12.14   
行政管理庁長官殖田俊吉工藤鐵男  
 〜1948.11.10   
賠償庁長官井上知治   
地方財政委員長岩本信行〜1949.02.10  
国務大臣森幸太郎1948.10.19〜  
内閣官房長官佐藤榮作1948.10.17〜  
内閣官房次長橋本龍伍1948.10.17〜  
内閣官房次長郡祐一1948.12.25〜  
1948/10/06   西尾末広(前国務相)逮捕 (昭電事件)
1948/10/07   芦田内閣総辞職
1948/10/14   山崎猛(民自党)、議員辞職 (山崎首班問題収束)
1948/10/14   衆議院、吉田茂を首相に指名
1948/10/19   吉田内閣A成立 (首相:吉田茂/官房長官:佐藤栄作
1948/11/30   国家公務員法改正公布
1948/12/23   衆議院、内閣不信任案可決 (→衆議院解散)
1949/01/23   総選挙[24] (民自264、民主69、社会41、共産35、国協14)
1949/02/10   吉田・犬養会談
1949/02/16   吉田内閣B成立 (首相:吉田茂
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。
「吉田内閣A」は「第2次吉田内閣」「第二次吉田茂内閣」と同じ意味です。