インド象インディラ来日
1949/09/24
象をください。 台東区の子供たちの手紙に応えてネール首相、インディラを贈ってくれた。
    
1943/09/04   上野動物園、猛獣を薬殺 (供養式挙行)
1949/09/24   インド象インディラ来日
〜 あああ 〜
あああ
taro's トーク 上野動物園の猛獣たちは、戦争中に日本陸軍の命令で毒殺された。 ゾウは毒を与えても死なず、だから餓死させることになった。 腹をすかせたゾウたちは、芸をみせてはエサをねだった。 その姿に、係員は目頭を押さえたという。 こうして上野動物園にはゾウがいなくなった。 戦後、台東区の子供たちがお願いの手紙を書いた。 それに応えてゾウを贈ってくれたのがインドのネール首相だ。 ゾウのいないゾウのオリ、それは、動物園に刻まれた戦争の痛ましい爪あとだった。 それはネール首相のおかげで消えた。 だが、傷あとが消えても、その愚かな過ちを忘れてはいけない。 忘れては、殺された猛獣たちにも、ネール首相にも申し訳ない。 感謝の気持ちとともに、いつまでも覚えておこうと誓うtaroであった。
引用九月二四日、インド象のインディラが来日した。 この年の春、東京・台東区の子供たちが、インドのネール首相にあてて、「象をください」と手紙を出した。 上野公園には戦前、三頭の象がいたが戦時中に空襲に備えて処分されていた。
ネール首相はさっそくその願いを聞き届け、インディラと娘の名をつけたメスの象を贈ってくれたもの。 インディラは九月二五日に上野動物園に到着。 動物園には九万二〇〇〇人の入園者が殺到した。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。