1921年
大正10年
サボタージュ  シベリア  ホルモン 高橋内閣
1921/01/02   大阪朝日新聞、グラビア写真の付録を添付
1921/01/03   幣原駐米大使、排日土地法に抗議
1921/01/31   満鉄疑獄事件発覚
1921/02/10   宮内省、皇太子妃内定に変更なしと発表 (宮中某重大事件解決)
1921/02/11   栄養菓子グリコ発売 (「1粒300m」と宣伝)
1921/02/12   大本教事件@ (幹部一斉検挙)
1921/02/16   小川未明「赤い蝋燭と人魚」連載開始 (東京朝日新聞)
1921/03/03   皇太子、ヨーロッパ歴訪 (09/03 帰国)
1921/03/08   ソ連、新経済政策(ネップ)を採択 (ロシア共産党大会I)
1921/03/15   「珍品五個」事件発覚
1921/03/21   山県有朋、元老・枢密院議長などの辞表提出 (05/18 辞表却下)
1921/04/08   「路上の霊魂」封切 (松竹キネマ研究所第1回作品)
1921/05/01   パレスチナで反ユダヤ暴動 (〜05/06)
1921/05/05   連合国、賠償金1320億金マルクの支払計画受諾をドイツに要求
1921/06/28   大審院、村八分された者に精神上の損害賠償請求を認める判決
1921/07/01   中国共産党創立大会 (上海)
1921/07/17   バートランド・ラッセル来日
1921/09/28   安田善次郎刺殺事件 (大磯/犯人:朝日平吾)
1921/10/04   株式・綿糸・米穀各相場下落 (天皇病状悪化の発表により)
1921/10/27   バーデン・バーデンの密約
1921/11/04   原首相刺殺事件 (東京駅/犯人:中岡艮一)
1921/11/05   原内閣総辞職
1921/11/11   ファシスト党結成 (ローマ)
1921/11/12   西園寺公望、元老の意向として後継首相に高橋是清を推薦
1921/11/12   ワシントン軍縮会議開催 (主席全権:加藤友三郎/〜22/02/06)
1921/11/13   高橋是清に組閣命令
1921/11/13   高橋内閣成立 (首相:高橋是清/全閣僚留任)
1921/11/25   皇太子摂政就任
1921/12/01   時事新報、夕刊で4国協定成立をスクープ
1921/12/13   四ヵ国条約調印 (日英同盟廃棄)
1921/12/21   高橋是清、政友会総裁C就任
内閣高橋内閣
流行語サボタージュ  シベリア  ホルモン
書籍「銀の匙」 「赤い蝋燭と人魚」
映画「路上の霊魂」
放送
流行歌青い眼の人形
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。