1934年
昭和9年
パーマネント  明鏡止水  昭和維新 斉藤岡田内閣
1934/01/17   時事新報、「番町会問題をあばく」連載開始 (→帝人事件)
1934/01/19   エチオピア皇太子妃に黒田雅子決定 (後にイタリアの干渉で破談)
1934/01/23   荒木陸相辞任 (後任:林銑十郎
1934/01/29   日本製鉄叶ン立 (製鉄大合同)
1934/02/04   五・一五事件民間側判決 (最高無期懲役)
1934/02/09   中島商工相辞任 (足利尊氏論で)
1934/02/15   政友会代議士、鳩山文相の収賄を追及 (→政友会の内紛激化)
1934/02/24   直木三十五没
1934/03/01   満州国帝政実施 (皇帝:溥儀
1934/03/03   鳩山文相辞任
1934/03/10   武藤山治射殺事件 (犯人:福島新吉)
1934/04/11   ヒトラー、軍首脳と洋上会談
1934/04/17   天羽声明
1934/04/18   帝人事件発覚
1934/04/21   渋谷駅前にハチ公の銅像建立
1934/04/25   吉本興業、新橋演舞場で特選漫才大会 (上方漫才の東京進出)
1934/05/17   近衛文麿貴族院議長、親善特使として渡米
1934/05/30   東郷平八郎
1934/06/08   近衛文麿、F・ルーズベルト大統領・ハル国務長官と会談
1934/06/30   レーム事件 (ヒトラーレームらを粛清)
1934/07/03   斉藤内閣総辞職
1934/07/04   西園寺公望、首相経験者・内大臣・枢密院議長と後継首相について協議
1934/07/04   岡田啓介に組閣命令
1934/07/04   マリー・キュリー没
1934/07/07   鈴木(政友会)総裁、岡田内閣への入閣を拒否
1934/07/08   岡田内閣成立 (首相:岡田啓介
1934/07/08   政友会、入閣者3名を除名 (床次・内田・山崎)
1934/07/25   ドルフース(墺)首相暗殺
1934/08/02   ヒンデンブルク没 (ドイツ大統領)
1934/08/19   ヒトラー、首相と大統領を兼任
1934/08/29   松田文相、「パパ、ママ」の呼称を非難
1934/09/01   竹久夢二
1934/09/18   ソ連、国際連盟加盟
1934/09/21   室戸台風
1934/10/01   陸軍パンフレット「国防の本義と其強化の提唱」発行
1934/10/15   紅軍、瑞金を脱出 (長征開始)
1934/11/01   若槻礼次郎、民政党総裁辞任
1934/11/01   満鉄、特急あじあ号運転開始 (大連・新京間)
1934/11/02   ベーブ・ルースら米大リーグ選抜チーム来日
1934/11/20   士官学校事件
1934/12/01   丹那トンネル開通
1934/12/01   キーロフ(レニングラード・ソビエト議長)暗殺 (粛清開始)
1934/12/03   ワシントン条約単独廃棄を閣議決定 (12/29 アメリカ政府に通告)
1934/12/05   西園寺公望暗殺未遂で少年血盟団員を逮捕
1934/12/08   日米国際無線電話開通式
1934/12/26   職業野球団大日本東京野球倶楽部(東京巨人軍)結成
内閣斉藤岡田内閣
流行語パーマネント  明鏡止水  昭和維新
書籍「紋章」 「陰翳礼讃」 「転形期の文学」
映画「生きとし生けるもの」
放送聖典講義
流行歌赤城の子守唄
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。