マハトマ・ガンジー
1869 − 1948
反英独立運動指導者、弁護士 / インド
一覧 (カ) 本を入手 
エピソード 1現代史は、背景を表現するのに膨大な情報量を必要とするからだろう、 これを映像化しようという試みはほとんどすべて失敗に終わっているが、映画「ガンジー」だけは例外中の例外だ。 ここでちょっとしたエピソードを紹介するよりは、率直に「ガンジー」のために時間を割くことをおすすめする。 ガンジージー! ガンジージー! ガンジージー! ガンジージー! ガンジージー!  湧きあがる群衆の声を聞けるだけでも見る価値は十分にあるだろう。 それにしても、ガンジーってほんっとガンコジジーだな。
・ 
・ 
・ 
・ 
・ 
・ 
・ 
・ 
・ 
1914/07/28   オーストリア、セルビアに宣戦布告 (第一次世界大戦勃発)
1919/01/18   パリ講和会議開催 (〜06/28/首席全権:西園寺公望
1919/03/18   ローラット法可決 (即時施行/インド)
1919/04/06   非暴力運動@開始 (ガンジーら)
1919/04/13   アムリツァール虐殺事件
1919/06/28   ベルサイユ条約調印 (北京政府、調印拒否)
1930/03/12   非暴力運動A開始 (ガンジーら)
1931/09/17   英印円卓会議A開催 (〜12/01/ガンジー出席)
1932/01/04   ガンジー逮捕 (ハンスト開始)
1939/09/01   ドイツ軍、ポーランド侵攻開始 (第二次世界大戦勃発)
1941/12/08   ハワイ奇襲攻撃 (AM03:25/太平洋戦争勃発)
1942/08/09   ガンジー・ネールら逮捕
1945/09/02   降伏文書調印 (全権:重光葵梅津美治郎/第二次世界大戦終結)
1947/02/20   アトリー(英)首相、インド独立を言明
1947/08/14   パキスタン独立 (総督:ジンナー
1947/08/15   インド独立 (首相:ネール
1947/10/07   カシミールの回教徒、自由カシミール結成
1947/10/27   インド政府、カシミールに派兵
1948/01/30   ガンジー暗殺 (ニューデリー)
引用ガンディーは、第一次世界大戦後、インド人の反英闘争においてずば抜けた指導者であり、「偉大な魂(マハトマ)」と呼ばれた。 そもそも、インド人の民族自覚を喚起するため、一八八五年に組織されたインド国民会議は、大戦勃発のころまでは、 イギリスの立場を脅かすような存在ではなかった。 それは基本的に中産階級の組織なり運動なりであり、農民大衆からはわずかの支持を得るにとどまっていた。 ガンディーの偉大な貢献は、みずから農村にとびこんで農民と交わり、農民をインド独立のための闘争に引きいれた点にある。 ロンドンで教育を受けた弁護士ではあったが、彼は本来的にインド的で非西欧的、いやむしろ反西欧的でさえあった。
引用ガンディーは非暴力の信条からして、日本やナチス・ドイツの帝国主義的侵略をきびしく批判していた。 一九四二(昭和一七)年七月、ガンディーは、「すべての日本人に」と題する手紙を発表した。 そのなかの一節にいう
「私は、あなたがたについて楽しいたくさんの思い出を持っている。 楽しい思い出を持っていればこそ、かえって私は、あなたがたが中国にくわえた理由のない攻撃、 偉大なそして古い中国を無慈悲に荒らしてしまったことを思うたびに、ひじょうに悲しく思う。 あなたがたが世界の強国と肩を並べたいというのは、りっぱな野心である。 しかし中国を侵略したり、ドイツやイタリアと同盟することは、その野心の度を越したもので、正当なものではない。・・・・・・
もしもあなたがたが、イギリスがインドから退却したらインドに入ろうという考えを実行するならば、 わがインドは、全力をあげてかならずあなたがたに抵抗する。・・・・・・
われわれは、あなたがたを、最後には道徳的崩壊に終わるにちがいない道、 いや人間をロボットにしてしまう道から正しい道へ引きもどしたい・・・・・・。」
こうして日本の新秩序論に対してきびしい批判をしめした
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。
「ガンジー」は「ガンディー」とも表記されることがあります。