本庄 繁
1876 − 1945
[ ほんじょう・しげる ]
関東軍司令官、侍従武官長、陸軍大将
一覧 (ハ) 本を入手 
エピソード 1調査中。
・ 兵庫県出身。陸士卒。陸大卒。
・ 日露戦争に中隊長として参加、負傷。
・ 張作霖軍事顧問などを経て、関東軍司令官に就任。
・ 柳条湖事件以後の石原莞爾ら参謀の軍事行動拡大を事後的に承認。
・ 奉天親日政権樹立工作や満蒙独立工作を積極的に推進する。
・ 軍事参議官を経て、侍従武官長。二・二六事件時、反乱軍を擁護し、天皇の叱責を受ける。
・ 敗戦後自決。
1931/09/18   柳条湖事件 (満州事変勃発)
1931/09/21   朝鮮軍、満州へ越境出動 (司令官:林銑十郎/統帥権侵犯)
1931/10/08   錦州爆撃 (関東軍の飛行隊)
1931/10/17   十月事件 (桜会によるクーデター未遂)
1931/10/18   陸軍、白川義則大将の満州派遣を決定 (暴走する関東軍説得のため)
1931/12/28   関東軍、錦州への進撃開始
1932/01/03   関東軍、錦州占領
1932/01/28   上海事変@勃発
1932/02/05   関東軍、ハルピン占領
1932/03/01   満州国建国宣言
1932/09/15   満州国承認 (日満議定書調印)
1935/06/10   梅津・何応欽協定
1935/06/27   土肥原・秦徳純協定
1936/02/26   二・二六事件
1937/07/07   盧溝橋事件 (日中戦争勃発)
1941/12/08   ハワイ奇襲攻撃 (AM03:25/太平洋戦争勃発)
1945/08/15   玉音放送 (終戦の詔勅)
1945/11/19   GHQ、戦争犯罪人逮捕を指令A (小磯松岡ら11人)
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。