石川 啄木
1886 − 1912
[ いしかわ・たくぼく ]
詩人、歌人、評論家、朝日新聞社校正係、渋民尋常小学校代用教員
一覧 (ア) 本を入手 
エピソード 1調査中。
・ 岩手県出身。本名一(はじめ)。
・ 父が渋民村の宝徳寺住職になり、一家はこの村に移住。
・ 渋民尋常小学校卒業後、盛岡高等小学校に進み、盛岡尋常中学校に入学。
・ 文学と恋愛に熱中して学業を怠り、カンニング事件を起こし退学。
・ 上京したが就職できず、翌年帰郷して禅房に病苦と失意の時を過ごす。
・ その後、与謝野鉄幹の知遇を得て「明星」誌上で活躍、処女詩集「あこがれ」を刊行。
・ 父が住職を罷免されたため一家は盛岡に移り、堀合節子と結婚。
・ 生活に行き詰まり渋民村に帰り、母校の代用教員。
・ 勤務のかたわら「雲は天才である」「面影」「葬列」を書く。
・ 北海道に移住後、上京して創作に没頭、ようやく東京朝日新聞社の校正係の定職を得る。
・ 「朝日歌壇」の選者となるや、処女歌集「一握の砂」を刊行して注目を浴びる。
・ 大逆事件に衝撃を受けて社会主義思想に接近。
・ 肺結核で病没。27歳の若さだった。
1904/02/10   対露宣戦布告 (日露戦争勃発)
1912/04/13   石川啄木
1912/07/29   明治天皇崩御
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。