犬養 毅
1855 − 1932
[ いぬかい・つよし ]
首相、文相、逓相、政友会総裁、「憲政の神様」
一覧 (ア) 本を入手【内閣成立史】
エピソード 1首相として1932年5月15日に凶弾に斃れた犬養だが、 1925年5月16日、護憲三派内閣で念願の普通選挙を実現すると引退を発表している。 どういうことかというと、岡山の後援者たちが彼の引退を許さず、以後も勝手に選挙運動を行い当選させ続けるうちに、 田中義一が急死、人材難の政友会から総裁就任を求められた、というわけだ。 かくして、すでに引退したお年寄りが首相になるという怪現象が起こった。
・ 岡山県出身。庄屋の次男。「郵便報知新聞」に寄稿、その原稿料で慶応義塾に学ぶ。
・ 西南戦争では従軍記者として活躍。のち官界に入るが、大隈下野とともに退官。
・ 立憲改進党結成に参加。第一回総選挙に当選、以後、17回連続当選。
・ 進歩党、憲政党、憲政本党、立憲国民党に所属。文相に就任。
・ 護憲運動@の先頭に立つ一方、中国問題にも関心を持ち、孫文など革命派を支援。
・ 山本内閣Aの逓相就任後、革新倶楽部結成
・ 護憲運動Aで活躍、護憲三派内閣でも逓相に。普通選挙法を実現。
・ 政友会と合同、引退声明後に政友会総裁に就任。のち首相。
・ 五・一五事件で海軍青年将校の凶弾に斃れる。
1904/02/10   対露宣戦布告 (日露戦争勃発)
1912/07/29   明治天皇崩御
1914/07/28   オーストリア、セルビアに宣戦布告 (第一次世界大戦勃発)
1919/06/28   ベルサイユ条約調印 (北京政府、調印拒否)
1922/11/08   革新倶楽部結成 (犬養毅尾崎行雄島田三郎ら)
1923/09/01   関東大震災
1923/09/02   山本内閣A成立 (首相:山本権兵衛
1923/09/16   甘粕事件 (犯人:甘粕正彦
1923/12/27   虎の門事件 (摂政宮襲撃/犯人:難波大助)
1923/12/29   山本内閣A総辞職
1924/06/11   加藤(高)内閣(護憲三派内閣)成立 (首相:加藤高明
1925/04/22   治安維持法公布
1925/05/05   普通選挙法公布 (男子普通選挙)
1925/05/14   革新倶楽部右派(犬養毅ら)、政友会に合流
1925/05/28   犬養毅(逓相)、政界引退を発表 (05/30 逓相辞任)
1925/07/31   加藤(高)内閣(護憲三派内閣)総辞職
1925/08/02   加藤(高)内閣(憲政会単独内閣)成立 (政友会、政権を離脱)
1926/01/28   加藤(高)内閣総辞職
1929/10/12   犬養毅、政友会総裁E就任
1930/04/22   ロンドン海軍軍縮条約調印
1930/04/25   統帥権干犯問題 (犬養毅鳩山一郎が追及)
1931/09/18   柳条湖事件 (満州事変勃発)
1931/12/13   犬養内閣成立 (首相:犬養毅
1931/12/13   金輸出再禁止 (蔵相:高橋是清
1932/01/28   上海事変@勃発
1932/03/01   満州国建国宣言
1932/05/15   五・一五事件 (犬養首相暗殺)
1932/05/16   犬養内閣総辞職
引用犬養毅は岡山藩士の倅だが、上京して慶応義塾に入り、 郵便報知新聞記者として西南戦争に従軍した。 彼が巻脚絆で戦地を駈けずりまわって報じた「戦地直報」は、わが国最初の従軍記事として好評を博した。 慶応の関係から岩崎の支援をうけ、東海経済新報などを主宰したが、一時は官途についていたこともある。 有名な明治十四年の政変で大隈重信に殉じて下野した。
明治二十三年、第一回衆議院議員選挙には岡山県から当選し、進歩党を経て憲政会に入った。 その後国民党を創立し、爾来野党的立場を守って活躍した。 頭山満とともに孫文援助のため中国に渡ったこともある。
だが、寺内内閣のときには外交調査会に原敬とともに参加して、 はじめて節操に動揺を来し、帝国主義権力と次第に妥協するようになった。 第二次山本権兵衛内閣の逓信大臣となったが、例の護憲運動が起ると、自分の率いた革新倶楽部とともに護憲三派に加わり、 加藤内閣では逓信大臣となった。
大正十四年、革新倶楽部がもちこたえられずに政友会と合同したが、 一時は政界から引退した。 しかし、田中義一の死去後は森恪の懇請によって政友会総裁となり若槻内閣のあと、政友会内閣の首班となった。 犬養は清廉潔白な政治家と世間で見られ、木堂の名によってその書も知られている。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。
「犬養毅」は「犬養木堂」とも表記されることがあります。