片岡 直温
1859 − 1934
[ かたおか・なおはる ]
蔵相、商工相、日本生命保険会社社長、滋賀県警察部長、小学校教員
一覧 (カ)   
エピソード 1調査中。
・ 高知県出身。小学校教員、郡書記、滋賀県警察部長を経て実業界に。
・ 日本生命保険会社を創立、副社長、社長を歴任。共同銀行、関西鉄道などでも活躍。
・ さらに、政界にも地歩を築き、憲政会総務。
・ 加藤(高)内閣で商工相として初入閣、若槻内閣@で蔵相。
・ 法案審議中に、破綻寸前の渡辺銀行を破綻したと失言、金融恐慌の引き金に。
1923/09/01   関東大震災
1924/06/11   加藤(高)内閣(護憲三派内閣)成立 (首相:加藤高明
1925/04/22   治安維持法公布
1925/05/05   普通選挙法公布 (男子普通選挙)
1926/01/28   加藤(高)内閣総辞職
1926/01/30   若槻内閣@成立 (首相:若槻礼次郎/全閣僚留任)
1926/12/25   大正天皇崩御 (昭和天皇即位)
1927/03/14   片岡蔵相失言 (→金融恐慌)
1927/03/15   東京渡辺銀行などで取付け騒ぎ
1927/04/17   枢密院、台湾銀行救済緊急勅令案を否決
1927/04/17   若槻内閣@総辞職
1931/09/18   柳条湖事件 (満州事変勃発)
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。