幸徳 秋水
1871 − 1911
[ こうとく・しゅうすい ]
社会主義者、「平民新聞」「万朝報」記者
一覧 (カ) 本を入手 
エピソード 1社会主義者も恋はする。 赤旗事件で荒畑寒村が逮捕されたその留守中に、荒畑の妻、管野スガと幸徳はできてしまった。 そこまでなら、ありがちな話だが、管野が天皇暗殺を計画していたからさあ大変。 事件が発覚すると、証拠があろうがなかろうが、社会主義者ならとにかく捕まえて死刑にしてしまえ、と意気込む当局に逮捕され、 死刑になってしまった。後年の研究で、幸徳が計画に参加していなかったことがほぼ確認されている。 とんでもない恋をしてしまったもんだ。
・ 高知県出身。中江兆民に学び、「万朝報」記者。
・ 政友会の設立に際し、兆民の依頼で「自由党を祭る文」を「万朝報」に発表。
・ 安部磯雄、木下尚江らと社会民主党を結成するが即日禁止。
・ 足尾銅山鉱毒問題で奔走する田中正造の依頼で明治天皇への直訴文を起草。
・ 対露強硬論が主流の中、堺利彦内村鑑三とともに「万朝報」で反戦論を展開。
・ 「万朝報」の方針転換で退社らと「平民新聞」を興し戦争中も反戦を主張。
・ 「与露国社会党書」を発表、日露両国労働者階級の連帯を訴える。
・ 新聞紙条例違反で入獄、獄中で無政府主義思想に強い影響を受ける。
・ 出獄後、渡米し、帰国すると日本社会党に参加、党内で直接行動論を主張。
・ 一時帰郷。赤旗事件の報に接し上京、管野スガと同棲を開始。
・ 管野の天皇暗殺計画が発覚、社会主義者一掃を狙う当局により大逆事件に連座。
・ 死刑判決を受け刑死。
1901/05/18   社会民主党結成 (片山潜幸徳秋水・安部磯雄ら/05/20 禁止)
1903/10/12   幸徳秋水・堺利彦・内村鑑三、万朝社退社
1903/11/15   週間「平民新聞」創刊 (幸徳秋水堺利彦ら/唯一の反戦派新聞)
1904/02/10   対露宣戦布告 (日露戦争勃発)
1905/01/29   「平民新聞」廃刊
1905/09/05   ポーツマス条約調印 (首席全権:小村寿太郎日露戦争終結)
1905/11/14   幸徳秋水、渡米 (06/06/23 帰国)
1907/02/17   日本社会党党大会A (議会政策派と直接行動派が対立)
1910/05/25   大逆事件、検挙開始 (宮下太吉逮捕)
1910/06/01   幸徳秋水逮捕 (湯河原/大逆事件)
1910/08/22   韓国併合 (日韓条約調印)
1910/12/10   大逆事件公判@ (傍聴禁止)
1911/01/18   幸徳秋水ら24名に死刑判決 (大逆事件)
1912/07/29   明治天皇崩御
引用幸徳秋水(伝次郎)は明治四年高知県西南端に近い中村に生まれ、大阪で中江兆民の学僕となり、 唯物論の洗礼を受けた。 自由新聞、中央新聞の記者を経て明治三十年五月十八日社会問題研究会に入り、熱心な社会主義者となった。 明治三十四年片山潜、木下尚江、安部磯雄らと共に社会民主党の結成に参加し、 (二日後結社禁止) 【中略】 日露戦争直前まで万朝報にあって非戦論を唱えていた。 戦争後渡米してアナーキズムに傾き、三十九年帰国後、日本社会党第二回大会(四十年二月)で「直接行動論」唱えて以来アナーキズムを指導し、 過激派の中心として官憲から睨まれ、四十三年(一九一〇)六月逮捕された。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。