加藤 高明
1860 − 1926
[ かとう・たかあき ]
首相、外相、憲政会総裁、立憲同志会総裁、岩崎弥太郎の女婿
一覧 (カ) 本を入手【テーマ・内閣成立史】
エピソード 1調査中。
・ 愛知県出身。服部総吉。加藤家の養子となり、高明と改名。
・ 東大卒業と同時に三菱本社へ入社。本社副支配人ののち、官界に転じる。
・ 外相秘書官、大蔵省主税局長、駐英公使などを経て、外相に就任、政界に転じる。
・ 無所属で2度衆議院議員に当選する一方、「東京日日新聞」の日報社社長。
・ 立憲同志会結成に参画し、初代総裁。大隈内閣Aの与党となり、自らは外相。
・ 日本を第一次世界大戦参戦に導き、袁世凱政府に対華21ヵ条要求
・ 元老の外交政策への介入を嫌い、元老と対立、外相辞任。
・ 寺内内閣成立とともに、立憲同志会を発展させ憲政会結成、総裁就任。
・ 清浦内閣に対して護憲三派で対抗、総選挙で勝利し、護憲三派内閣の首相に就任。
・ 治安維持法とともに普通選挙法を成立させるが、直後に護憲三派内閣崩壊
・ 内閣改造、憲政会内閣を組閣するも、在任中に病死。
1900/10/19   伊藤内閣C成立 (首相:伊藤博文
1901/05/03   伊藤内閣C総辞職
1902/01/30   日英同盟@調印
1904/02/10   対露宣戦布告 (日露戦争勃発)
1905/09/05   ポーツマス条約調印 (首席全権:小村寿太郎日露戦争終結)
1906/01/07   西園寺内閣@成立 (首相:西園寺公望
1906/03/03   加藤外相辞任 (鉄道国有化に反対して)
1912/07/29   明治天皇崩御
1912/12/19   憲政擁護連合大会@ (護憲運動@開始)
1912/12/21   桂内閣B成立 (首相:桂太郎
1913/01/20   桂首相、新党結成計画発表
1913/02/11   桂内閣B総辞職 (大正政変)
1913/12/23   立憲同志会結成 (総裁:加藤高明
1914/04/16   大隈内閣A成立 (首相:大隈重信
1914/07/28   オーストリア、セルビアに宣戦布告 (第一次世界大戦勃発)
1914/08/23   対独参戦 (宣戦布告)
1915/01/18   対華21ヵ条要求 (外相:加藤高明
1915/07/25   大浦内相辞任 (2個師団増設案成立工作問題で)
1915/07/30   大隈内閣辞表提出
1915/08/10   3閣僚辞任 (加藤外相若槻蔵相・八代海相/内閣改造)
1916/10/05   大隈内閣A総辞職
1916/10/10   憲政会結成 (立憲同志会など3党合同/総裁:加藤高明
1919/06/28   ベルサイユ条約調印 (北京政府、調印拒否)
1921/03/15   「珍品五個」事件発覚
1923/09/01   関東大震災
1924/01/10   護憲運動A開始
1924/06/11   加藤(高)内閣(護憲三派内閣)成立 (首相:加藤高明
1925/04/22   治安維持法公布
1925/05/01   陸軍軍縮計画(宇垣軍縮)発表
1925/05/05   普通選挙法公布 (男子普通選挙)
1925/07/31   加藤(高)内閣(護憲三派内閣)総辞職
1925/08/02   加藤(高)内閣(憲政会単独内閣)成立 (政友会、政権を離脱)
1926/01/28   加藤高明没 (首相)
1926/01/28   加藤(高)内閣総辞職
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。