加藤 友三郎
1861 − 1923
[ かとう・ともさぶろう ]
首相、海相、連合艦隊司令長官、ワシントン会議首席全権、元帥海軍大将
一覧 (カ) 本を入手【テーマ・内閣成立史】
エピソード 1佳人薄命というが、 首相就任1年あまりで病に倒れた加藤もなかなかの人物だったようだ。 彼の不戦海軍論の流れを汲む「条約派」は米内光政山本五十六井上成美などの優れた人材を輩出している。
・ 広島県出身。海兵卒、海大卒。
・ 日清戦争に巡洋艦「吉野」の砲術長として従軍。
・ 日露戦争では連合艦隊参謀長兼第1艦隊参謀長として日本海海戦勝利などに貢献。
・ 海軍次官、呉鎮守府司令長官、連合艦隊司令長官を歴任後、海相に就任。
・ ワシントン軍縮会議首席全権として調印した軍縮条約を、首相として自ら実行。
・ その先進的な不戦海軍の思想は米内山本井上など「条約派」に引き継がれる。
・ 首相在任中に病死。死の直前に元帥。
1894/08/01   清国に宣戦布告 (日清戦争勃発)
1904/02/10   対露宣戦布告 (日露戦争勃発)
1904/02/06   連合艦隊、佐世保出航
1904/08/10   黄海海戦
1905/05/27   日本海海戦 (〜05/28/連合艦隊司令長官:東郷平八郎
1905/09/05   ポーツマス条約調印 (首席全権:小村寿太郎日露戦争終結)
1912/07/29   明治天皇崩御
1914/04/16   大隈内閣A成立 (首相:大隈重信
1914/07/28   オーストリア、セルビアに宣戦布告 (第一次世界大戦勃発)
1914/08/23   対独参戦 (宣戦布告)
1914/09/02   青島出兵 (日本軍、山東半島上陸開始)
1915/01/18   対華21ヵ条要求 (外相:加藤高明
1916/10/05   大隈内閣A総辞職
1916/10/09   寺内内閣成立 (首相:寺内正毅
1918/08/02   シベリア出兵宣言
1918/08/03   米騒動 (富山県中新川郡西水橋町→全国に波及)
1918/09/21   寺内内閣総辞職
1918/09/29   原内閣成立 (首相:原敬
1919/01/18   パリ講和会議開催 (〜06/28/首席全権:西園寺公望
1919/06/28   ベルサイユ条約調印 (北京政府、調印拒否)
1920/05/24   尼港(ニコライエフスク)事件
1921/11/04   原首相刺殺事件 (東京駅/犯人:中岡艮一)
1921/11/05   原内閣総辞職
1921/11/12   ワシントン軍縮会議開催 (主席全権:加藤友三郎/〜22/02/06)
1921/11/13   高橋内閣成立 (首相:高橋是清/全閣僚留任)
1921/12/13   四ヵ国条約調印 (日英同盟廃棄)
1922/02/06   九ヵ国条約調印
1922/02/06   ワシントン海軍軍縮条約調印
1922/06/06   高橋内閣総辞職
1922/06/12   加藤(友)内閣成立 (首相:加藤友三郎
1922/06/24   シベリア撤兵声明
1922/07/03   海軍軍縮計画発表
1922/07/04   陸軍軍縮計画(山梨軍縮)発表
1922/10/25   シベリア撤兵完了
1923/08/25   加藤友三郎病死 (首相)
1923/08/25   加藤(友)内閣総辞職
1923/09/01   関東大震災
引用加藤友三郎少将は、どのような場合にも冷静さをうしなったことがないという人物だった。
かれは芸州藩士の子で、兄の種之助は上野の彰義隊討伐のときは、藩兵の小隊長をつとめた。
加藤は明治六年十月二十七日に東京築地の海軍兵学寮に入学した。満十二歳であった。 ついでながら十月二十五日に勝海舟が海軍卿になっている。 当時兵学寮には予科と本科があり、卒業して海軍少尉補になったのは満十九歳である。 在学中の成績はさほどよくなく、めだたない存在であったが、卒業のときには二番になった。
大酒が飲めるというほか、無口で表情にとぼしく、面白味のある男ではなかったが、 物事の分析能力においてすぐれているうえに、あわせて物事を総合的にとらえる能力をもち、 一個の結論をひきだす上においては非常な度胸があった。
健康のほうは虚弱といっていいほどだったが、気力がつよく、無理がきいた。
かれが冷静で寡黙であるということから冷血の人ではないかという印象があったが、 しかし内実はそうではないという異常な情景を、かれの身辺のひとびとで目撃している人がいた。
たとえば日露戦争の初期の段階においてかれは第二艦隊である上村艦隊の参謀長をつとめ、 旗艦出雲において艦長の伊知地季珍大佐とおなじ艦内で起居していた。 このとき有名な旅順口閉塞隊員の募集があった。
ある機関兵が応募したが、選に洩れた。 この機関兵が艦長室にやってきてさらに嘆願した。 伊地知艦長はこれに対し、選に洩れた以上はどうしようもないと慰諭してついにあきらめさせた。 その間、加藤は同室にいてその対話を無表情にきいていたが、機関兵が去ったあと、顔をおおい、声を放って号泣した。
「その哭き方のすさまじさは、尋常でなかった」
と、加藤とは同期生で加藤のことはよく知っているこの伊知地が、 ひとつ話のようにして加藤の死後に語っている。
引用加藤は人も知る日本海海戦のとき東郷司令長官の帷幕にあった参謀長であるが、 そのやせた風貌から“燃え残りのローソク”と評された。 広島藩士出身、風貌に似ず芯が強く、西園寺などと違ってやる気のある人物であった。 すでに大隈内閣以来四代にわたって海相であり、は閣僚の中でも最も加藤に期待をかけていた。 原内閣の末期にはシベリア出兵等で歳出がかさんで財政は破綻寸前であり、軍備縮小が必然とされていたが、 八・八艦隊を唱える海軍を抑えて軍縮を実行出来得る才幹のある人物は、加藤のほかに見当たらなかった。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。